検索
トップ病院・診療部門一覧内分泌・糖尿病内科

内分泌・糖尿病内科

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
川浪 大治
Daiji Kawanami
 
医局長: 元永 綾子
病棟医長: 濵之上 暢也
外来医長: 髙士 裕一
 
 糖尿病の治療目標は合併症を防ぎ、健康寿命を延伸させることにあります。糖尿病は放置しておくと全身の血管が障害され、網膜症や腎症、神経障害といった合併症を引き起こします。さらには動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。このような合併症の発症や進行を防ぐには、血糖値だけではなく高血圧や脂質異常症といった危険因子の管理が必要であり、当科では多因子介入を重視した治療を行っています。近年、糖尿病の薬物治療は目覚ましい進歩を遂げ、多くの選択肢が存在します。最新の知見に基づき、確かな目的を持って薬剤の種類や投与量を決めることが重要であり、治療を強化するタイミングを逃さないよう治療方針を決定しています。一方、わが国では高齢者の糖尿病患者数が増加しています。このような方々においては厳格な管理よりも、治療を減弱させ低血糖のない安全性を最優先にした治療を状態に応じて考える必要があります。このような「さじ加減」(個別化医療)が専門医に求められる役割であり、治療の最適化を図るよう努めています。このように、当科では一人ひとりの病態や社会的背景を考慮し、包括的視点に基づいた糖尿病治療の実践をモットーとしています。また、ホルモンの異常によって引き起こされる内分泌疾患にも広く対応しており、正確な診断と治療方針の決定を心がけております。
 糖尿病合併症の診断や治療に力を入れているのが当科の特色であり、単に「血糖値」を診るのではなく全身疾患としての「糖尿病」を管理するというコンセプトを強く意識して診療を行っています。膵島移植、最新のインスリンポンプ、血糖測定機器を駆使した最先端の治療にも積極的に対応しています。病診連携を重視し、軽度の糖尿病の方も拝見して治療プランを提案致します。内分泌疾患についてもスムーズな院内連携が構築されています。
糖尿病(内服、インスリン治療)
インスリンポンプ療法
持続血糖測定
フラッシュグルコースモニタリング(FGM)
糖尿病透析予防指導(糖尿病性腎症)
フットケア
膵島移植
内分泌疾患
甲状腺超音波検査
 
 
│  腫瘍・血液(腫瘍・血液・感染症内科) │  感染症(腫瘍・血液・感染症内科) │  内分泌・糖尿病内科 │  循環器内科 │  消化器内科 │  呼吸器内科 │  腎臓・膠原病内科 │  脳神経内科 │  精神神経科 │  小児科 │  消化器外科 │  呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 │  整形外科 │  形成外科・美容外科 │  脳神経外科 │  心臓血管外科 │  皮膚科・美容皮膚科 │  腎泌尿器外科 │  産婦人科 │  眼科 │  耳鼻咽喉科 │  放射線科 │  麻酔科 │  歯科口腔外科 │  病理部・病理診断科 │  臨床検査部 │  内視鏡部 │  輸血部 │  放射線部 │  手術部 │  栄養部 │  リハビリテーション部 │  血液浄化療法センター │  医療情報部 │  地域医療連携センター │  救命救急センター │  総合周産期母子医療センター │  総合診療部 │  東洋医学診療部 │  看護部 │  薬剤部 │ 臨床研究支援センター │  臨床工学センター  │  医療安全管理部│  感染制御部 │  腫瘍センター │  臓器移植医療センター │  再生医療センター │  遺伝医療室 │  メディカルフィットネスセンター │  心臓リハビリテーションセンター │  摂食嚥下センター │ 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200