検索
トップ病院・診療部門一覧皮膚科・美容皮膚科

皮膚科・美容皮膚科

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
今福 信一
Shinichi Imafuku
 
医局長: 伊藤 宏太郎
病棟医長: 大賀 保範
外来医長: 柴山 慶継
 
 当科は古賀文二講師、伊藤宏太郎講師、柴山慶継講師、大賀保範助教、鈴木祥子助教、大学病院助手6名、前期研修医数名で構成されています。
 皮膚科全般を診療していますが、特に乾癬の患者さんの外来・入院治療、悪性黒色腫をはじめとする皮膚のがんの治療、神経線維腫症(レックリングハウゼン病)の診療、帯状疱疹や単純ヘルペス、手足口病などのウイルス性の皮膚疾患、などを専門にしています。皮膚の病理組織検査を中心に、できるだけしっかりと病気の本態を把握して治療することを目標に部長から若い先生まで日々努力しております。
 また、当院形成外科との協同で美容医療センターを立ち上げ、シミ、小じわ、ニキビなどの美容診療に力を入れています。
 
 月曜日から土曜日まで毎日、皮膚科の外来診療を行っています。皮膚生検や簡単な外来小手術は日帰りで可能ですが、皮膚悪性腫瘍などは入院治療を原則としています。外科的に切除された標本は、皮膚科医と病理専門医で定期的に検討会を行い正確な診断を期しています。
 また乾癬の治療に力を入れており、生物学的製剤治療、光線療法(ナローバンドUVB、PUVA)、外用療法、内服療法をしています。乾癬特別外来(火・水)を予約制で行っております。
 高齢化社会に伴い皮膚悪性腫瘍の増加が顕著ですが、当科では皮膚悪性腫瘍に対して正確な診断と的確な治療を行うスタッフ、医療技術をそなえています。
 月曜日・水曜日の午後には、美容皮膚外来を開き、レーザーやフォトフェイシャル、脱毛などの美顔、美肌のための機器も導入し自由診療での治療を行っています。レーザー外来では血管腫、色素斑などの保険医療にも力を入れています。脱毛症(火・水)の外来も行っています。
 

  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200