検索

泌尿器科

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
田中 正利
Masatoshi Tanaka
 
医局長: 入江 慎一郎
病棟医長: 松﨑 洋吏
外来医長: 古屋 隆三郎
 
 当科では腎臓・膀胱・前立腺のがん、副腎内分泌疾患、小児泌尿器疾患(先天性腎・尿路および生殖器異常)、前立腺肥大症や神経因性膀胱に伴う排尿障害、尿路性器感染症、尿路結石、および腎移植に至る幅広い領域の疾患をそれぞれの専門医が診療にあたっています。
 2015年8月に導入した第4世代の手術支援ロボット(da Vinci Xi:ダビンチ Xi)を用い、前立腺がんに対する前立腺全摘除術、腎細胞がんに対する腎部分切除術を積極的に行っています。また2018年4月より保険適応となった膀胱全摘除術は、それぞれの症例に適した尿路変向法を検討した上でロボットを用いた手術を行っています。これまでどおり腎細胞がん、副腎腫瘍、腎盂形成術に関してはほとんどの症例において腹腔鏡下手術による治療を行っています。
 当科は伝統的に小児泌尿器科疾患に対する治療を行っており、停留精巣、陰嚢水瘤をはじめ尿道下裂、先天性水腎症、膀胱尿管逆流に対する手術を多く手がけています。膀胱尿管逆流に対する逆流防止術、先天性水腎症に対する腎盂形成術に関しては鏡視下手術を積極的に導入しています。
 前立腺肥大症治療はレーザーを用いた前立腺核出術(HoLEP)を適用し、合併症のリスクを下げつつ根治性の高い治療を目指しています。腎結石・尿管結石に対しては体外衝撃波(ESWL)による治療だけでなく、レーザーを用いた内視鏡治療(TUL)で低侵襲かつ確実性の高い治療を施行しています。
 膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、前立腺炎などの尿路性器感染症においては、薬剤耐性菌を考慮した適正な抗菌薬治療を行っています。
 腎移植は、一人ひとりの患者様を大切に、専門の腎臓摘出チームと移植チームで、腎臓内科や小児科との緊密な連携で最先端の生体腎・献腎移植を行っています。
 男性不妊の原因となる精索静脈瘤に対しては顕微鏡下精索静脈瘤手術を適用し、短期入院での治療を行っています。
泌尿器がん
小児泌尿器
腎移植
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200