検索

眼科

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 

診療部長あいさつ

 眼科には前眼部と後眼部という部位別の領域があります。前者には角膜、結膜および水晶体などが含まれ、角膜感染症、緑内障、白内障などが代表的な疾患です。一方、後眼部は主に眼底の疾患を指しますが、糖尿病網膜症、網膜剥離や加齢黄斑変性などがあり、神経眼科疾患も後者に含まれます。
 当科はこの両者の疾患のいずれも専門とする眼科専門医がそれぞれ担当し、疾患によって外来、入院それぞれ最善の治療体制で院内で全て対応できるようになっています。
 外来は新館3階にアイセンターとして設置されており、月曜日から金曜日まで、午前は予約および一般外来を、午後は眼底、緑内障、小児眼科そして眼炎症疾患などの専門外来を予約で行っております。病棟は本館3階にあり、まもなくリニューアルされ一新した設備で高度な医療を提供できるようになっております。
 福岡市内近郊から佐賀県、長崎県および大分県など九州各地からも病診連携で多数の患者さんが来院されております。ご心配なことがございましたら、どうぞお近くのかかりつけの眼科の先生を受診され、ご遠慮なく当科へお越し下さい。
 
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200