検索

麻酔科

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
山浦 健
Ken Yamaura
 
医局長: 平井 孝直
病棟医長: 廣田 一紀
外来医長: 柴田 志保
 
 ペインクリニックとは、痛みの診断と治療を専門的に行う診療分野です。ペインクリニックでは、通常の痛み止めでは効果が得られない難治性の痛みや慢性的な痛みを対象としています。
 日本ペインクリニック学会認定専門医3名と専攻医数名が診療を担当し、内服薬と各種神経ブロックを組み合わせて一人一人の患者さんに最適な治療を提供する体制を整えています。難治性の痛みや慢性的な痛みを抱えている場合、他人から理解されにくいこと、仕事や家事が思うようにできないことなどによって大きなストレスを伴うために、精神的なサポートが必要となることも少なくありません。臨床心理士も診療に加わって全人的な治療を目指しており、必要に応じて精神科への紹介も行っています。単に痛みを取り除くだけではなく、生活の質(QOL)を改善することを目標にしています。
 当科の主な対象疾患は、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、顔面痙攣、頸椎症、肩関節周囲炎、急性腰痛症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、幻肢痛、脳卒中後の痛み、術後の痛み、各種神経障害に伴う痛み、癌性疼痛などです。
 帯状疱疹や椎間板ヘルニアなどで激しい痛みを伴っている急性期には、入院での持続硬膜外ブロックを積極的に行っています。複合性局所疼痛症候群(CRPS)などで痛みのために動けない状態が続いている場合には、入院して痛みの治療とリハビリテーションを集中的に行います。三叉神経痛などで内服薬では十分な効果が得られない場合には、安全性が高く、効果が長期間持続する高周波熱凝固法やパルス波を用いた神経ブロックを行っています。従来のX線透視による確認の他に、CT-like imageを用いた3D画像での確認を加えて、より安全性を高めた神経ブロックを採用しています。
 癌性疼痛では、当院緩和ケアチームの中心的な役割を担っており、様々な痛みに対して他科と連携しながら治療に当たっています。痛みを取り除くだけではなく、より快適に生活して頂くことを目標としており、オピオイド(医療用麻薬)を中心とした内服治療に加えて、内臓神経ブロックなどの高度な神経ブロックも積極的に行っています。
 ペインクリニックはあまり知られていない分野ですが、関連各科、各施設からご紹介頂き、様々な痛みに対応しております。難治性の痛みや慢性的な痛みでお悩みの場合は、ご相談下さい。
  関連各科、他職種と連携し、さまざまな難治性の痛みに対応しています。痛みを取り除くことだけを目標にするのではなく、患者さんが痛みと上手く付き合い、より充実した生活を送れるようにサポートしています。
急性帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
複合性局所疼痛症候群
三叉神経痛
癌性疼痛
 
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200