検索

臨床検査部

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
松永 彰
Akira Matsunaga
 
医局長: 松本 直通
技師長: 山下 孝明
副技師長: 松崎 友絵
 
 平成20年4月より松永が臨床検査部診療部長・医学部臨床検査医学講座教授を務めています。当部は、開院以来、検体検査および生体機能検査部門ともに精度の高い信頼できる検査結果や検査情報を診療各科に提供し、患者さんの治療に役立つよう努めています。スタッフは医師・検査技師あわせて約60名です。
 採血業務は外来が主であるため平成23年より新館2階の中央採血室を中心に行っています。
 検体検査部門は、本館にあり検体の搬送が必要ですが、到着後ただちに検査が開始され、自動分析システム等により、尿・血液・生化学検査の多くの項目にて採取後1時間程度で検査結果を報告しています。また、特定機能病院として高度な医療を支援できるように、24時間緊急検査体制で夜間や休日も信頼性の高い検査を提供できるようにしています。
  生体機能検査部門では、非観血循環機能検査のTreadmill負荷、24時間など各種心電図、PWV/ABI、心エコー、血管エコーなどを担当し、呼吸機能検査では、スクリーニング検査以外に肺コンプライアンス、肺拡散能、残気量測定などを行い、より精密な呼吸機能の情報を提供しています。脳波検査ではデジタル脳波計による解析を行い、小児中枢疾患の診断治療等に活かしています。
 現在、臨床検査医学講座との連携で新生児高インスリン血性低血糖症、脂質代謝異常(高リポ蛋白血症および低リポ蛋白血症)、Brugada症候群などに対する遺伝子診断を行っており、特に脂質代謝関連ではアポE表現型・遺伝子型をはじめとして、必要に応じてアポA-1、アポA-V、アポB、アポE、PCSK9、MTP、LMF1、LCAT、GPIHBP1、ABCA1などの多様な遺伝子解析を行っています。検査相談室では、検査に関するあらゆる質問や相談を受け、迅速で的確なお答えができるよう心がけています。
 また、ご要望に応じて特殊検査を構築し診断に役立てています。院外の先生方からのお問い合わせも、9時から17時までお受けしていますのでご利用下さい。医療が益々高度化していくなかで、診療に役立つ臨床検査をめざして更なる努力をし、開かれた検査部として活動して行きたいと考えています。
検査部門別・年度別検査件数
検査部門 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
血液形態検査 193,437 233,462 252,965 262,673 257,431
一般検査 145,768 149,611 158,385 154,711 94,041
遺伝子検査 3,210 3,417 4,540 4,570 5,178
臨床化学検査 1,976,188 2,171,729 2,313,675 2,406,618 2,400,655
微生物検査 45,365 44,424 45,903 46,752 48,328
緊急検査 1,014,206 1,066,709 1,076,924 1,157,759 1,174,859
輸血検査 28,913 29,586 28,992 30,321 28,525
外注 94,159 87,462 87,343 91,974 90,181
検体系小計 3,501,246 3,786,400 3,968,727 4,155,378 4,099,198
           
脳波検査 3,655 3,475 3,928 4,113 4,038
筋電図検査 485 1,670 2,748 2,965 3,942
循環機能検査 32,958 35,961 38,072 43,307 45,373
呼吸機能検査 4,592 5,317 5,177 4,943 5,168
生理系小計 41,690 46,423 49,925 55,328 58,521

 

         
合計 3,542,936 3,832,823 4,018,652 4,210,706 4,157,719
 

  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200