検索

内視鏡部

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
竹田津 英稔
Hidetoshi Takedatsu



 
 
 
 内視鏡検査の特徴として、体の中の異常を直接観察できること、微細病変まで認識できること、色調の変化も識別できること、異常があれば直ちに組織検査や治療を実施できることなどを挙げることができます。近年、内視鏡機器および技術の進歩にともない、内視鏡を使った診断や治療がめざましく発展しています。その結果、癌や炎症、狭窄などを対象とした内視鏡による治療が可能になっています。当院では、内視鏡部は中央診療体制をとっており、内視鏡室で一括して検査や治療が行われています。

【 内視鏡の専門 】
 医師(日本内視鏡学会専門医18名、指導医5名、呼吸器内視鏡専門医6名、指導医4名)や専門看護師(消化器内視鏡技師4名)を中心に安全で高い技術を提供しています。
【消化管】
 消化器内科と消化器外科が担当しています。
 食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の腫瘍、炎症、潰瘍、狭窄、アカラシア、クローン病、潰瘍性大腸炎などの診断と治療をしています。
検査 
 消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)の内視鏡と超音波内視鏡、小腸内視鏡(ダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡)、術中内視鏡を行っています。原則として予約制ですが、食事抜きで早めに来られた方は当日でも検査を受けることができるよう努めています。 
内視鏡治療 
 ・ ポリープ切除術
   食道、胃、十二指腸、小腸、大腸のポリープを内視鏡で切除します。 
 ・ 粘膜下層剥離術、粘膜切除術
   食道、胃、十二指腸、大腸の早期癌のうち適応があるものを内視鏡で切除します。
   場合によっては手術室で行う事もあります。
 ・ 止血術
   潰瘍などからの出血を内視鏡的に止めます。 
 ・ 食道静脈瘤
   静脈瘤からの出血に対し、硬化療法や結紮術により止血や出血予防治療を行っています。
 ・ 拡張術
   食道・胃・大腸の狭窄に対し、バルーンやブジーを用いて拡張したり、ステントを挿入しています。
 ・ 胃瘻造設術
   内視鏡を用いて比較的短時間にできます。 
 ・ アカラシアに対する治療・低侵襲治療として経口内視鏡的筋層切開術(POEM)を行っています。
 
【胆嚢、膵臓】
 消化器外科が担当しています。
 膵臓疾患(膵癌・慢性膵炎など)や胆道疾患の診断、胆管結石の内視鏡的摘出、閉塞性黄疸の治療などを行っています。
検査 
 ・ 内視鏡的逆行性膵胆管造影
   十二指腸内視鏡下に膵管・胆管内にカテーテルを挿入し、膵管や胆道を造影する検査です。膵胆道疾患の精査、
  とりわけ膵癌の早期診断を目的に多くの患者さん(年間500件)に行っています。 
 ・ 超音波内視鏡
   胃や十二指腸内から膵臓や胆嚢・胆管を精査します。 
治療 
 ・ 内視鏡的乳頭括約筋切開術
   高周波電流で十二指腸乳頭部(胆管開口部)を一部切開し、胆管結石を取り出します。 
 ・ 内視鏡的胆管ドレナージ術
   閉塞性黄疸や胆管炎の治療目的に十二指腸内視鏡下に胆管内チューブを挿入して留置します。 
 ・ 経皮経肝的胆道鏡下治療
   超音波映像下に腹壁を介して肝内胆管チューブを挿入し、チューブを太径のものへ交換し瘻孔ができる
  のを待ちます。その瘻孔を介して細径の胆道鏡を胆管内へ挿入し、胆石の採石除去や胆管狭窄の拡張術
  (ステント留置)などを行います。
 
【肺、気管、気管支】
気管支鏡 
 呼吸器内科と呼吸器・乳腺内分泌・小児外科が担当しています。
 肺癌の診断やレーザー治療、アレルギー性肺疾患やサルコイドーシス、間質性肺炎などの診断を行っています。気道異物などの緊急気管支鏡は、内視鏡室や必要時に応じて手術室で行うこともあります。縦隔や肺門リンパ節腫大の診断に超音波気管支鏡(EBUS)を用いて、穿刺吸引細胞診を行っています。また、CTとPCからの画像構成を用いてVirtual Bronchoscopyを取り入れて診断率の向上に努めています。
 
【喉頭】
喉頭鏡、直達鏡 
 耳鼻科が担当しています。
 声帯ポリープや喉頭癌などを喉頭鏡で診断しています。また、直達鏡を用いて異物の除去も行っています。

 
 検査に来られた患者さんが安心して検査や治療が受けられるように、きめ細かい医療・看護サービスに努めています。内視鏡検査室は7の個室からなり、検査を受けられる患者さんのプライバシーが充分守れるように配置されています。
 診療日は日曜日、祝日を除き、月曜日から金曜日までは午前・午後、土曜日は午前中となっています。
 内視鏡部では、各診療科は、以下のようなスケジュールで検査・治療を行っております。内容の詳細や予約については担当科に直接お尋ねください。
 
消化管(担当科:消化器内科、消化器外科)  月曜日~土曜日
胆嚢、膵臓(担当科:消化器外科)  月曜日、水曜日、金曜日
肺、気管、気管支(担当科:呼吸器内科)  月曜日~金曜日
肺、気管、気管支(担当科:呼吸器・乳腺内分泌・小児外科)  火曜日、木曜日
喉頭(担当科:耳鼻咽喉科)  火曜日、木曜日、土曜日
 

 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200