検索
トップ病院・診療部門一覧血液浄化療法センター

血液浄化療法センター

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
升谷 耕介   
Kosuke Masutani
 
 当センターは、昭和48年8月に6床の透析ベッドで開設されました。その後、平成3年4月に10床に増設、平成19年6月4日に病院西別館4階に移転新設となり、現在25床の透析ベットで週6日稼働しています。
 業務内容は、新規血液透析導入、腹膜透析(CAPD)管理、合併症を有する維持血液透析患者の管理、急性腎不全治療、腎・神経・消化器/肝臓・皮膚疾患などへの血漿交換(アフェレシス)療法、腎移植患者の術前・術後管理など、多岐にわたり幅広い血液浄化療法をおこなっています。
 新規血液透析導入後の患者数は、平成27年度で約1,600人、平成27年度入院治療患者数も約370人です。透析中は専任の透析担当医や看護師、臨床工学技士が常に透析の状態を見守っているために、安全な血液浄化療法が受けられます。
 平成元年6月からは、当時大学病院ではあまり行われていなかった外来維持血液透析もいち早く開始しました。現在、外来透析は月曜日、水曜日、金曜日は午前と夜間で、火曜日、木曜日、土曜日は午前で行っています。さらに、透析医療従事者研修施設として、毎年各地より訪れる医師・看護師・臨床工学士の方々への研修指導にも力を注いでいます。
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200