検索

総合診療部

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
鍋島 茂樹
Shigeki Nabeshima
 
医局長: 増井 信太
病棟医長: 日吉 哲也
外来医長: 崎原 永志
 
 当部は、平成17年4月に新設された診療部門です。
 近年の医学の発達には目を見張るものがあり、医療は臓器別に高度に専門分化してきています。しかし、患者さん側は最初から「どこそこの病気があるので、この専門科の先生にかかる」、ということはまずありません。最初の診断は家や職場の近くにある一般内科や小児科であったり、救急病院であることがほとんどです。こういった医療機関での最初の診療(プライマリ・ケア)に当たっては、高度な専門知識よりも、幅広い内科診断学の知識と経験が必要です。専門家志向が強い現在、むしろ地域医療に必要とされる優秀なプライマリ・ケアを担う医師の養成が急務です。
 当部の役割は、当院において主として初診患者さんや救急患者さんの的確な診断と初期治療を行うことです。また、地域や病院でのプライマリ・ケアのありかたを追求・実践し、信頼できるプライマリ・ケア医を養成することにあります。将来専門分野を持とうと思っている若い医師が、日常診療の基礎となる素養を身につけてもらう場でもあります。
 専門分野にかたよらずに内科一般についての外来・入院・救急診療(ER)を行います。
 診断のついていない、あるいは難しい疾患、複数の科にまたがる複合疾患、救急疾患などを最も得意としています。必要な場合は、適切な専門外来や地域の通院しやすい医療機関に紹介するというゲートキーパー的な役割も担います。近隣の医療機関から診断困難な症例、複数化にまたがるような症例を紹介いただいています。また、日常診療に漢方医学を取り入れていることも特徴です。
 当科は、将来地域医療を担う医師の研修・教育の場であり、特に研修医、若い内科医に対して内科診断学と救急医療の教育を積極的に行っています。毎日夕方17時より症例カンファレンスを行っています。
(各年4月~翌年3月に実施された件数)
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
外来患者数(ER) - 1,556 2,030 2,550 2,555
外来患者数(総診) 6,462 6,221 6,373 6,299 5,531
入院延べ患者数(ER) - 279 598 2,775 5,354
入院延べ患者数(総診) 3,923 3,363 3,185 3,389
※2017年度より、入院延べ患者数は、ER欄に総診分も合算されています。
 
│  腫瘍・血液(腫瘍・血液・感染症内科) │  感染症(腫瘍・血液・感染症内科) │  内分泌・糖尿病内科 │  循環器内科 │  消化器内科 │  呼吸器内科 │  腎臓・膠原病内科 │  脳神経内科 │  精神神経科 │  小児科 │  消化器外科 │  呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 │  整形外科 │  形成外科・美容外科 │  脳神経外科 │  心臓血管外科 │  皮膚科・美容皮膚科 │  腎泌尿器外科 │  産婦人科 │  眼科 │  耳鼻咽喉科 │  放射線科 │  麻酔科 │  歯科口腔外科 │  病理部・病理診断科 │  臨床検査部 │  内視鏡部 │  輸血部 │  放射線部 │  手術部 │  栄養部 │  リハビリテーション部 │  血液浄化療法センター │  医療情報部 │  地域医療連携センター │  救命救急センター │  総合周産期母子医療センター │  総合診療部 │  東洋医学診療部 │  看護部 │  薬剤部 │ 臨床研究支援センター │  臨床工学センター  │  医療安全管理部│  感染制御部 │  腫瘍センター │  臓器移植医療センター │  再生医療センター │  遺伝医療室 │  メディカルフィットネスセンター │  心臓リハビリテーションセンター │  摂食嚥下センター │ 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200