検索

東洋医学診療部

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
長写真
診療部長
鍋島 茂樹
Shigeki Nabeshima

医局長: 久保田 正樹
 
 当部では、漢方薬と鍼灸による治療を行っています。
 漢方薬治療では漢方医学的な問診、診察によって、体のバランスのくずれを判断して、そのバランスの調整をする事のできる漢方薬を使用します。

 漢方薬治療の対象になる疾患は以下のものがあります。
・関節痛、筋痛、腰痛、神経痛、肩こり等の骨関節筋疾患
・脳血管障害、頭痛、めまい、末梢神経障害等の神経疾患
・関節リウマチ、強皮症等の膠原病疾患
・咽喉頭異常感症、鼻炎、めまい等の耳鼻科疾患
・胃炎、機能性胃腸症、腹痛、便秘、下痢等の消化器疾患
・冷え症、のぼせ、月経異常、更年期症状等の婦人科疾患
・鬱症状、不安障害、認知症等の精神神経疾患
・感冒、気管支炎、気管支喘息等の呼吸器疾患
・動悸、心臓神経症等の循環器疾患
・皮膚炎、じんましん、しもやけ等の皮膚疾患
・多尿、排尿障害等の腎、泌尿器科疾患
・糖尿病、メタボリック症候群、肥満症、発汗異常
・全身倦怠感や原因のわからない不調
 西洋医学的な治療がない場合、又は効果が不十分な場合、副作用で治療継続ができない場合なども治療可能な事があります。
 漢方薬による診療は保険診療です。
 漢方薬は当部以外の多くの診療科でも処方を受ける事ができます。

 鍼灸治療では、向野義人前東洋医学診療部長によって考案されたM-Testを使用しています。M-Testは体にある経穴(ツボ)とそのつながりである経絡に運動負荷をかけて、バランスの崩れている経絡を判断し、治療する方法です。
・最も治療効果のある経穴や経絡に対して適切な刺激で治療を行います。
・刺激する鍼は皮膚にわずかに刺さる円皮鍼(鍼の長さは0.6~0.3mm)や皮膚を刺すことのない
・柔らかい材料のマイクロコーン(ソマセプト、ソマレゾン)を使用します。
・鍼治療の対象は疼痛性疾患、めまい、しびれ、浮腫、肥満などにも効果があります。
・鍼灸は病院内では保険診療ができませんので、自由診療になります。
 様々な症状に対して漢方治療を行う事はできますが、症状のすべてを取り去ることはできません。しかしお困りの症状をいくらかでも軽減できる様にお手伝いさせていただきます。
鍼灸
漢方
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200