検索

腫瘍センター

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 

化学療法部門の紹介

チーム医療

抗がん剤治療(化学療法)を行うと、がんが縮小・消失し、痛みなどがんに伴う症状が良くなると期待されます。その反面、様々な副作用が起こる危険があります。
化学療法部門では、医師、看護師、薬剤師が協力して、化学療法を安全かつ適正に実施できるように取り組んでいます。
 

安全管理

化学療法を実施する際は、担当の医師だけでなく、看護師、薬剤師が別々に薬の種類と量の確認を行っています。複数の眼で確認することで、うっかりミスを防ぎます。
 

抗がん剤の説明

化学療法を行う前に、薬剤師が担当医と一緒に治療内容の説明を行います。何時ごろどの様な副作用が起こるかを把握し、副作用に対する予防策を立てて治療に臨むことが重要です。
化学療法を行っている時に、薬剤師が担当医と一緒に患者さんの体調に変化がないか確かめ、副作用を早期発見、早期治療できるように務めています。
 

外来化学療法室

外来化学療法室では、専任の医師・看護師が担当医と一緒に治療を行います。化学療法に関する専門的な知識を持っています。わからないこと、不安なことなど、何でもご相談下さい。

※病気や健康法に関するご質問などに電子メールや電話でお答えすることはできません。その場合には正式な受診手続または医療相談のかたちをおとり下さい。

 
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200