検索
トップ病院・診療部門一覧再生医療センター

再生医療センター

診療科サイト病院・診療部門一覧へ戻る
 
再生医療センター センター長 小玉 正太
センター長
小玉 正太
Shohta Kodama
 
外来医長:
吉松 軍平
 
 当センターでは再生医療として幹細胞をはじめとする細胞治療や、組織再生を促す薬剤を用いる治療を行っています。細胞治療では患者さん自身に由来する自家細胞移植を主に行いますが、提供ネットワークを介する同種細胞移植も治療に含まれています。さらに治療細胞を管理する組織バンクも設置中であり、当センターにはそれを管理する認定組織移植コーディネーターも医師以外に常勤しています。

 再生医療に関しては、平成26年11月より国内で質の高い再生医療等を目指し「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が制定・施行され、当院で行われる全ての再生医療はこれを遵守しています。また当センターは細胞加工施設の管理や再生医療委員会の運営も行い、再生医療に関する院内・外での診療・相談の窓口も担っています。
 比較的患者さんの多い虚血肢や毛根の再生治療に加え、重症1型糖尿病患者さんに細胞移植治療である膵島移植を行っています。膵島移植は先進医療Bとして保険診療に自由診療の負担が加わり、国内で施行されています。さらに福岡大学は自由診療負担を日本医療研究開発機構(AMED)が補填する全国6認定施設の一つです。そのため保険診療負担で膵島移植を受ける事が出来ます。さらに同種膵島移植は第一種特定再生医療に承認されている細胞移植治療であり、今後実施を予定する異種移植のバイオ人工膵島移植も第一種特定再生医療に包括されています。また海外で保険診療となっている自家膵島移植も慢性膵炎等の患者さんを対象として現在準備中です。

詳しくはホームページをご参照ください。
http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/regenerative/index.html
 今後発展的・進歩的な診療や、診療内容の充実を期待される医療分野(再生医療、予防医学等)の外来部を設置しその診療にあたります。さらにメンタルヘルス相談外来の専門診療も行っています。診療報酬に関しては保険診療、自由診療、混合診療を含んでいます。

再生医療 /
 膵島移植外来:
 虚血肢外来:重症虚血肢に行う治療(現在保険診療のみ)
 毛髪外来: 脱毛症を対象とする治療(自由診療)

予防医学 /
 心臓リハビリテーション、心不全、肥満・メタボ、禁煙等外来

他に /
 メンタルヘルス相談外来

を含みます。
 
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る
福岡大学病院〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1 TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200