検索

病院の取り組み

新診療棟紹介

 平成23年1月に新診療棟(新館、福大プラザ、福大メディカルホールの総称)が開院しました。新診療棟は、地下鉄福大前駅と地下通路で直結し、病院本館や西別館、救命救急センターとは2階の渡り廊下で繋がっています。
 病院「新館」は1階から3階が外来、4階から7階が病棟になっており、多くの外来と204床の病床が本館から移転しました。新館は臓器別・機能別センター化を基本として患者さん中心の診療を行っています。また、新館と地下鉄を結ぶ「福大プラザ」、講演会やメディカルフィットネスを行う「福大メディカルホール」を活用して地域の皆様との交流や健康づくりを目指します。
 新館の開院に伴い、外来・入院の受付、計算、会計はすべて新館で行っています。福大病院前バス停も新館玄関脇に移設されました。  
 また、本館前には、同年6月にレストラン、コンビニエンスストア、理容室などが入るテナント棟が開業しました。

新診療棟外観
(新診療棟外観)

新診療棟夜景
(新診療棟夜景)
  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る