検索

病院の取り組み

防災訓練

平成25年度第2回福岡大学病院総合防火訓練を実施

 平成26年2月14日(金)午後2時から福岡大学病院において、総合防火訓練を実施しました。訓練は、深夜午前2時00分に新館6階ハートセンターから出火したとの想定で、自衛消防隊による初期消火活動までの動作確認、入院患者の避難誘導訓練が今回の主な目的です。演習員61名、模擬患者49名、その他職員も含め、合計125名の職員が訓練に参加いたしました。  
 新館では3回目の訓練になりますが、災害対策マニュアルを元に火災時における医師・看護師・その他コメディカル等の動作確認を行いました。 昨年10月の博多区での医院火災以降、医療機関における防火防災に関する意識は向上しております。今回の訓練の反省点、改善点については、院内で協議した上でマニュアルに反映し、今後に活かして参ります。

防災訓練の様子
 〈新館6階ハートセンター病棟〉

防災訓練の様子
 〈新館6階から新館2階へ赤(重傷)患者を避難〉

  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る