検索

病院の取り組み

防災訓練

第16回 平成30年度 福岡大学病院総合防災訓練(平成30年12月15日)

 福岡大学病院では、災害拠点病院として、災害発生時における院内の連絡協調体制の確立、患者搬送手順の確認、院外からの患者受入れ手順の確認、医療活動の円滑化、消防や警察等の関係機関との連携を円滑にすることを目的に、新館を拠点とした大規模な防災訓練を12月15日(土)に実施しました。
 今回は、平日の日勤帯に大規模地震(震度5強)が発生したとの想定で、災害対策マニュアルに従って、院内各部署の自衛消防組織(各地区隊)から災害対策本部へ被災状況の情報伝達、患者避難誘導および院内体制安定化後、院外からの被災者の診療受入れ訓練を行いました。
 今回の訓練の反省点、改善点については、院内で協議した上でマニュアルに反映し、今後に活かして参ります。

 【日  時】
  平成30年12月15日(土)午後1時30分~(災害発生想定時間)
 【場  所】
  福岡大学病院本館、新館、救命救急センター棟、西別館、福大メディカルホール
 【参加人数】
  約280名
 【主  催】
  福岡大学、福岡大学病院、城南区役所
 【参加団体】
  城南消防署、早良警察署、城南区医師会、博多あん・あんリーダー会、さくら病院、委託業者



  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る