検索

病院の取り組み

高度医療機器紹介

 福岡大学病院放射線部では、最先端医療機器を完備し医療技術の向上を常に図りながら「より的確な診断・診療」を日々行っています。当院では、最先端医療機器の導入を積極的に行っており、これら最新鋭機の性能を充分に引き出し、患者のみなさまへとより良い医療サービスをご提供できるよう、常に医療技術の研鑽を行っております。
 当院のMRIは「3.0TMRI機」を含む3台体制、CTは64列機を含むMDCT3台がフル稼働し、2014年2月には最新鋭の320列機が設置されます。血管造影装置では2011年に3台同時に最新鋭の機器に更新され、腹部専用「IVR-CT機」、脳血管専用装置、心臓専用装置が導入されました。また、PET-CT、放射線治療装置も高性能な機器が稼働しており、これらの機器の一部をご紹介させていただきます。

新しく導入されたCTとMRI(2014)

東芝社製CT Aquilion One
東芝社製CT Aquilion One


 2014年2月より、福岡大学病院に最新のCT装置(東芝社製Aquilion One)が配備されました。この機器は面検出器(area detector)を有し、1回転で320スライス、16cm幅の撮像(volume helical scan)を実現しており、従来機器と比べて短時間でより広範囲、もしくはより高精細な撮像が可能となっています。また、逐次近似再構成法を応用したノイズ低減法を装備し、被爆の低減が可能になっています。これらを各種臓器の潅流や4次元画像評価などに応用することが期待されています。さらに、異なる管電圧を使用して2つのデータを収集することによりデュアルエネルギー撮像にも対応しています。


脳血管・潅流3次元画像
脳血管・潅流3次元画像


2014年2月より、最新のMRI装置(Philips社製Ingenia 1.5T)が配備されました。この機器では世界で初めてフルデジタル化が実現されており、アナログケーブルによる信号減衰がなくなり、従来機種と比べて約40%の信号雑音比向上が達成されています。また開口径が従来より広く(ワイドボア)、より快適に検査を受けていただけるようになっています。アプリケーションとしては、脂肪の定量化や脳血流評価(ASL)、適切な撮影位置を自動で調整するSmart Exam機能などの最新ソフトウェアが実装されています。


Philips社製Ingenia 1.5T
Philips社製Ingenia 1.5T


MRI装置

MRI装置
GE社製 Discovery MR750w 3.0T


 2012年4月から、GE社製の最新3.0T MRI機器、Discovery MR750w が配備されました。この装置は、従来の困難であった広い開口径と撮像能力の高性能化を両立しています。広い開口部を活かし、検査時の圧迫感が少ない装置となっています。
 この最新鋭機が稼働している部屋は間接照明が施され、落ち着きのある雰囲気の中でリラックスしながらの撮影が可能となっています。またこの装置は、最大の特徴である3T(テスラ)という超高磁場マグネット装置の高い検出能力を生かした画像が得られ、肝の線維化を診断するエラストグラフィや脳血流を診断するASLなどの質の高い診断を行っています。


血管造影装置 [IVR-CT]

血管造影装置 [IVR-CT]1
Artis Zee ceiling:血管造影装置、SOMATOM Emotion16:IVR-CT装置


 2011年4月から最新のSIEMENS社製の胸腹部専用血管造影装置(IVR-CT)が導入されました。血管造影装置にマルチスライスCTを連動させることで、DSAとCTの繰り返し撮像が可能となり、質の高い治療が可能となっています。
 CT本体が床のレールに沿って移動可能な自走(スライディングガントリ)方式を採用し、血管造影寝台上で治療手技を行い、必要なときにCTをスライディングさせ、CTスキャンが実施できます。同一寝台にて対応可能なため、患者さんが移動することなくスムーズに治療と検査の切り替えができる複合システムで胸腹部の腫瘍や外傷などの診療に役立っています。
 そのほかに、最新鋭のSIEMENS社製の頭部専用血管造影装置、心臓専用血管造影装置もフル稼働して脳血管性病変や心筋梗塞などの診療に用いられています。

血管造影装置 [IVR-CT]2




PET-CT装置

PET-CT装置
東芝製 PET-CT 装置 Aquiduo


 東芝社製PET-CT装置「Aquiduo(アクイデュオ)」は、マルチスライスCT装置と最新の検出器を搭載したPET装置をガントリ移動方式により統合したPET-CT装置です。ヘリカルCTにより20秒程度で全身を撮像することができ、PETを含めた検査時間は20分程度で行え、良好な検査画像が得られます。
 ガントリ移動方式では,天板移動がないためCTとPETの撮影位置を同一にでき,2つの画像の位置ズレを物理的に抑制します。加えて患者側の移動がないことで快適性も両立できます。
 PET検査は脳や腫瘍などの機能検査法として発達してきましたが、近年はCT装置と合体したPET/CT装置が一般的となり、一つの装置で形態と機能の両方が得られるようになりました。


核医学診断用 3検出器回転型SPECT装置

3検出器回転型SPECT装置
核医学診断用 3検出器回転型SPECT装置


 本装置は世界最高レベルの空間分解能を持つSPECT装置(シングルホトンエミッションコンピューター断層撮影装置)です。脳と心臓の検査に特化しており、脳血管障害(脳卒中)や認知症などの脳疾患や狭心症などの心疾患の診断に有用であり、待ち時間の短縮と診断精度の向上が期待されます。


放射線治療装置「外照射用リニアック」

放射線治療装置「外照射用リニアック」
Varian CLINAC 21-EX


 最新鋭機「Varian CLINAC 21-EX」は、「 On board imager (OBI)」を搭載しているのが最大の特徴でありOBI搭載により、画像誘導放射線治療 ( Image-guided radiotherapy : IGRT )が可能となっています。この機器を用いて、体幹部定位放射線治療(Stereotactic body radiotherapy; SBRT)、強度変調放射線治療(Intensity-modulated radiotherapy; IMRT)といった全て3次元治療を、高精度に施行しています。全身の治療に活躍していますが、特に前立腺癌では大きな成果を挙げています。


  • 地域医療連携について
  • セカンドオピニオンについて
  • カルテ(診療情報)開示について
  • 卒後臨床研修センター
  • 治験・臨床研究について
  • セミナー・講演会のご案内
  • 院内がん登録
  • 病院情報の公開
  • 治験・臨床研究について
  • 日本医療機能評価機構
  • 福岡大学病院は全館禁煙です
ページの先頭へ戻る