平成27年度 福岡大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2,054 687 690 1,059 1,276 1,818 3,589 3,701 1,906 160

 当院は、「特定機能病院」・「急性期病院」また「大学病院」として、地域の医療機関との機能分化を進め「地域完結型医療」を目的とし、 幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。当院の入院患者の特徴として、60代、70代が多く、60歳以上の患者さんの割合は、 約55%となっております。また総合周産期母子医療センターを有する当院は、小児医療も充実しており、10歳未満の患者さんの割合は、 12%を占めています。

             
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科(腫瘍・血液・感染症内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 71 17.76 17.69 1.41 67.66
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 33.21 36.93 8.33 67.17 ×
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 19 23.79 18.19 5.26 67.11 ×
対象件数:395(TOP3の全体に占める割合:約3割)

当科は臓器横断的に固形がん、血液疾患に対する薬物療法を実施しています。特に非ホジキンリンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)に対する治療を数多く行っており、リツキシマブ併用の標準化学療法のみならず、探索的な全国規模での臨床試験も数多く参加しています。



      
内科(内分泌・糖尿病内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 207 16.48 15.35 2.42 63.85
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 8.67 6.55 0.00 54.85
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 27 17.30 14.30 0.00 47.40 ×
対象件数:495(TOP3の全体に占める割合:約6割)

内分泌・糖尿病内科では2型・1型糖尿病に対する教育入院や術前の血糖コントロール目的の入院を多く取り扱っています。その他、副腎皮質機能亢進症などに対しては負荷試験等の検査を行い、その結果に基づき治療を行っています。



                  
神経内科(神経内科・健康管理科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 15.94 15.80 26.47 66.74
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 33 16.33 18.04 9.09 66.76 ×
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 29 16.55 18.08 34.48 72.10 ×
対象件数:438(TOP3の全体に占める割合:約2割)

脳梗塞に対して救急患者の受け入れ、CT・MRでの早期診断と共に超急性期の血栓溶解療法(tPA)及び脳卒中ケア病棟(SCU)での急性期治療を主に実施しています。パーキンソン病については薬物調整とともに進行期パーキンソン病に対する脳深部刺激術を脳神経外科と共同で実施しています。上記以外にも感染性疾患や神経免疫疾患、認知症性疾患などの診断、治療に従事しています。



                  
呼吸器科(呼吸器内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 137 4.20 3.29 0.73 71.74
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 93 16.02 13.38 1.08 67.47 ×
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 78 19.59 20.63 7.69 68.77 ×
対象件数:701(TOP3の全体に占める割合:約4割)

現在、肺癌は日本人男性の癌死の中で最多となっています。そのため、早期に発見し治療を行う事が重要です。呼吸器内科では、肺癌疑いに対するに気管支鏡検査の入院を多く行っております。気管支鏡による経気管肺生検は、病理検査によって採取した病変が良性であるか悪性であるかを調べたり、肺癌の種類の特定を行います。  また、2番目に肺癌に対する化学療法目的の入院が多く、3番目に間質性肺炎に対する検査および治療目的の入院が多くなっております。



                  
消化器科(消化器内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 116 17.34 11.98 5.17 71.98
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 60 11.63 9.20 3.33 72.93
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 13.68 15.08 0.00 64.23
対象件数:868(TOP3の全体に占める割合:約3割)

最も多い症例は肝細胞癌で、選択的動脈化学塞栓術を行っています。次に多い症例である胃癌に対しては内視鏡的粘膜切除術(EMR)・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)・内視鏡的止血術を行っています。その他、食道・胃静脈瘤に対しては内視鏡的硬化療法・静脈瘤結紮術を行っています。



                  
循環器科(循環器内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 237 3.84 3.07 0.00 68.67
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 186 6.94 4.87 0.00 67.90
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 99 7.29 5.68 1.01 62.89
対象件数:1,154(TOP3の全体に占める割合:約5割)

循環器内科では侵襲性の低いカテーテル検査や治療を多く行っております。その中で最も多い症例は動脈硬化が原因で引き起こされる狭心症や慢性虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査のための入院です。 次いで多いのが、心臓カテーテル検査で異常があった場合に行うカテーテル治療です。治療内容は風船やステントを使って、狭窄した冠動脈を拡張し血流を確保する経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術を行っております。 また、頻脈性不整脈に対して原因となっている異常興奮部を高周波電流を流して焼灼する治療も多く行っております。



                  
小児科(周産新生児・小児科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 188 7.32 5.72 0.53 2.07 ×
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 92 5.64 7.03 1.09 4.77 ×
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 8.12 6.31 0.00 5.30 ×
対象件数:1,487(TOP3の全体に占める割合:約2割)

小児科では、肺炎や急性気管支炎、喘息等の呼吸器疾患を多く取り扱っており、抗生剤治療を行っています。てんかんに対しては、脳波検査や必要であればCT・MR等の画像検査を行い、抗てんかん薬による治療を行っています。周産新生児科では、早産児や低出生体重児に対して、保育器内で点滴加療・栄養管理を行いながら、様々な検査を行っています。その他、正期産児の新生児黄疸、感染症や呼吸障害に対する治療を行っています。



                  
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 103 19.99 24.95 97.09 65.58 ×
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 94 13.83 22.19 53.19 52.26
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 93 14.18 11.98 39.78 38.81 ×
対象件数:1,255(TOP3の全体に占める割合:約2割)

整形外科は脊椎を含むすべての運動疾患に対して治療を行っています。なかでも変形性股関節症に対する人工関節置換術が最も多くなっています。当該手術後はリハビリを早期から開始し、後方病院とも連携が取れているため全国平均よりも短い入院日数を実現しています。次いで多い症例は、肩の腱板断裂・足の靭帯損傷等に対する鏡視下での再建術です。その他では、膝の半月板や十字靭帯の損傷に対する縫合や切除、靭帯再建等が多く行われています。



                  
形成外科・美容外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 71 6.89 3.54 0.00 56.56
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1なし 38 5.82 4.28 0.00 6.68
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 33 5.27 4.38 0.00 34.70
対象件数:612(TOP3の全体に占める割合:約2割)

形成外科では、年齢を重ねるにつれて起きやすくなる眼瞼下垂や黒褐色のあざのように見える母斑に対する手術を多く行っています。また、部位に限らず脂肪腫や石灰化した皮膚腫瘍に対する摘出術も行っています。



                  
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx99020x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 243 3.07 5.67 0.00 66.64 ×
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 199 4.19 3.15 0.50 61.59
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 10.32 10.08 1.45 62.23 ×
対象件数:1,045(TOP3の全体に占める割合:約5割)

当科では出血性脳血管障害、閉塞性脳血管障害に対する外科治療を積極的に行っています。未破裂脳動脈瘤に対しては、脳血管造影検査を行った後に、開頭クリッピング術もしくは血管内コイル塞栓術を実施しています。また、虚血性脳血管障害では、頚動脈内膜剥離術、バイパス術、頚動脈ステント術などがあり、手術前後にはSPECTによる脳血流評価等を行い、良好な成績を得ています。



                  
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 44 14.52 13.19 4.55 73.34 ×
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 19 23.37 25.69 21.05 65.68 ×
050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等21あり 18 30.67 32.27 22.22 65.39 ×
対象件数:223(TOP3の全体に占める割合:約4割)

心臓血管外科では、非破裂性大動脈瘤や腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を最も多く行っております。ステントグラフト内挿術はステントグラフトと呼ばれる人工血管を大動脈内に挿入し、破裂を防ぐカテーテル治療です。次いで多いのが、弁膜症に対し人工弁輪などを用いて自己の弁を修復する弁形成術や悪くなった弁を人工の弁に取り換える弁置換術の入院です。術後は中心静脈や人工呼吸等で管理しております。その他に、胸部大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術も多く行っております。



                  
外科(呼吸器・乳腺内分泌・小児外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 137 17.99 13.03 5.84 66.91 ×
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 53 16.13 13.38 0.00 61.51 ×
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 45 14.42 10.37 0.00 61.40
対象件数:785(TOP3の全体に占める割合:約3割)

呼・乳・小外科では、原発性肺癌の治療を数多く行っております。当科で最も多い入院は肺癌に対する胸腔鏡下や開胸の肺癌手術目的の入院です。その中でも多くの症例で患者さんに負担の少ない胸腔鏡下の手術を行っております。また、肺癌に対する化学療法や乳癌に対する乳癌手術も多く行っております。



                  
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 68 20.28 31.78 0.00 32.63 ×
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 64 4.64 5.33 0.00 54.88 ×
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 62 7.45 9.94 0.00 34.06
対象件数:986(TOP3の全体に占める割合:約2割)

産科部門では、切迫早産、双児妊娠、帝王切開後妊娠等の様々なリスクのある妊娠に対して帝王切開を施行しています。その他、分娩予定日超過に対する分娩誘発や子宮内胎児発育不全等に対する治療を行っています。婦人科部門では、最も多い症例の子宮頚・体癌に対して化学療法を行っています。次いで、子宮筋腫等の良性の腫瘍に対して子宮全摘術を行っています。その他、卵巣良性腫瘍や奇形腫に対して、腫瘍摘出術を行っています。



                  
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 82 14.29 11.08 0.00 53.55 ×
020200xx9711xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等21あり 53 10.83 11.07 1.89 66.36 ×
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり 50 11.58 11.68 0.00 68.08 ×
対象件数:526(TOP3の全体に占める割合:約4割)

眼科では、網膜剥離に対する硝子体手術の実施が最も多く、次いで黄斑円孔や網膜前膜に対して全身麻酔下で行われる硝子体手術が多くなっています。白内障を併発している患者さんには眼内レンズを挿入する水晶体再建術を併施して行う場合もあります。それ他では、角膜の穿孔や混濁に対する角膜移植術も多くなっています。



                  
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 75 17.52 10.12 0.00 39.71
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 63 8.79 8.20 0.00 19.73
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 37 10.27 7.94 0.00 59.65
対象件数:554(TOP3の全体に占める割合:約3割)

最も多い症例は慢性化膿性中耳炎や真珠腫性中耳炎で、鼓室形成手術を行っています。その他の症例として、慢性扁桃炎に対しては口蓋扁桃手術を行い、また耳下腺腫瘍に対しては耳下腺腫瘍摘出術を実施しています。



                  
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 13 38.46 11.98 0.00 22.31 ×
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 11 51.55 27.21 0.00 81.00
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 - 64.00 31.72 11.11 66.89 ×
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象件数:62(TOP3の全体に占める割合:約5割) 

高齢者に多い原発性膝関節症に対して、人工関節置換術・骨切り術を行った後、基礎的な動作能力を回復させ自立した日常生活を送れるよう運動器リハビリテーションを実施しております。また、スポーツ中に多く発生する前後十字靱帯損傷に対して、関節鏡下靱帯断裂形成術を行った後にリハビリを実施しております。



                  
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 16 19.63 11.98 6.25 77.13
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 15 53.00 30.83 0.00 69.67 ×
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり 13 14.69 25.05 38.46 69.46 ×
対象件数:116(TOP3の全体に占める割合:約4割)

最も多い症例は、肝細胞癌に対し血管塞栓術を施行する症例で、この手術は癌細胞に栄養を補給している動脈を塞ぐことで癌を小さくする治療法です。その他、前立腺癌や多臓器からの骨転移に対する高エネルギー放射線療法を実施しています。



                  
皮膚科(皮膚科・美容皮膚科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 30 14.67 10.49 6.67 72.93 ×
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 25 4.44 4.38 0.00 47.92
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 23 12.74 11.97 8.70 68.61 ×
対象件数:309(TOP3の全体に占める割合:約3割)

皮膚科では、悪性の皮膚腫瘍に対する切除を最も多く行っています。次いで多いのは、脂肪腫や粉瘤といった良性の皮膚腫瘍に対する手術です。その他では、蜂巣炎の治療も多くなっています。蜂巣炎に対する治療は抗生剤の投与を中心に行っています。



                  
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 66 11.65 7.59 1.52 73.14 ×
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 21 17.86 12.99 0.00 65.29 ×
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし 18 4.28 9.68 0.00 15.89 ×
対象件数:396(TOP3の全体に占める割合:約3割)

泌尿器科では膀胱癌に対して内視鏡下で行う経尿道的手術が最も多い入院となっております。次いで腎癌に対する腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術や腎(尿管)悪性腫瘍手術の入院で、その中でも多くの症例で低侵襲治療の腹腔鏡下の手術を実施しております。 3番目に膀胱尿管逆流症の患者に対しての放射性同位元素(ラジオアイソトープ)を用いて行う腎シンチの検査入院が多くなっております。



                  
内科(腎臓・膠原病内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x11x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 副傷病あり 28 46.29 46.80 10.71 67.93 ×
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 26 32.96 23.89 11.54 54.85
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 17.19 13.64 4.76 55.38
対象件数:245(TOP3の全体に占める割合:約3割)

腎臓・膠原病内科では慢性腎不全に対する内シャント設置の入院が最も多くなっております。透析導入する場合、血液量を確保するための内シャントの設置が必要となります。次いで多いのが、ネフローゼ症候群の診断目的や腎臓の状態を確認する為の入院です。診断や腎臓の状態の確認は腎生検を用い、確定した組織診断に基づききめ細やかな治療を行っております。また、IgA腎症等にステロイド薬を大量に点滴するステロイドパルス療法も多く行っております。



                  
救急科(救命救急センター)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 15 18.67 40.74 46.67 66.87 ×
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 11 32.18 36.88 72.73 66.82 ×
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 6.63 7.52 37.50 31.25 ×
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象件数:337(TOP3の全体に占める割合:約1割) 

敗血症に対して抗菌薬投与を行いながら、急性腎不全や急性呼吸不全等の多臓器不全に対して血液浄化法・人工呼吸等を用いて治療を行っています。 この他にも救命救急センターでは様々な疾患に対応していますが、状態が回復し他の診療科へ転科した場合は、転科先の診療科での入院として取り扱われます。



                  
内科(急患診療部)*平成28年6月より、総合診療部(ER)へ改名
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 18 1.11 2.54 0.00 21.78 ×
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 5.82 5.31 0.00 69.00 ×
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 11 3.82 5.50 0.00 46.45 ×
対象件数:129(TOP3の全体に占める割合:約4割)

 当部は救急患者の初期治療を行い、急性期の内因性・外因性疾患に対する治療を多く行っています。

                  
外科(消化器外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 112 11.47 10.93 9.82 72.69
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 71 19.59 17.41 5.63 69.23
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 20.03 18.36 5.26 66.37
対象件数:1,563(TOP3の全体に占める割合:約1割)

最も多い症例は総胆管結石及び急性胆管炎で、内視鏡的に胆道結石除去や乳頭切開等の手術を実施しています。また、結腸癌や直腸癌に対しては主に腹腔鏡下での切除術を行っています。腹腔鏡下手術は開腹手術に比べ出血量が少なく、術後の回復も早いという特徴があります。



                  
内科(総合診療部)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 20 10.05 14.34 5.00 57.25 ×
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 18 6.17 5.31 5.56 65.56 ×
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 14 20.43 18.15 35.71 74.14 ×
対象件数:211(TOP3の全体に占める割合:約3割)

当部は幅広い内科診断学の知識を基に初診患者及び救急患者の初期診断を行っています。そのため、肺炎や前庭機能障害であるめまい症の患者からリウマチ性多発筋痛症の患者など疾患を限定せず幅広く治療を行っています。治療においては的確な診断とアプローチにより、全国平均と変わらないぐらいかそれよりも短い入院日数にて退院しています。



 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 19 - 15 20 96 126 1 6,7
大腸癌 38 23 54 37 78 135 1 6,7
乳癌 76 100 24 - 35 59 1 6,7
肺癌 27 18 51 123 280 184 1 6,7
肝癌 18 23 23 - - 224 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約  *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。

 当院の癌患者数は、肺癌が最も多く、次いで乳癌、大腸癌となっており、特に、乳癌は例年と比べ患者数が増加しています。 肺癌のⅢ期やⅣ期の患者数が多く、呼吸器・乳腺・小児外科による手術や、腫瘍・血液・感染症内科および呼吸器内科による抗がん剤治療、放射線科による放射線治療など、幅広い治療を行なっています。 乳癌については、呼吸器・乳腺・小児外科が積極的に治療を実施しており、早期であるⅠ期およびⅡ期の患者さんの割合が高く、早期発見・早期治療に取り組んでいます。 肝癌は再発率が高く、当院の患者さんも肝癌初発治療後の治療として、入院される方の割合が多いことより再発の患者数が多くなっています。 癌の全ての病期において、一人一人にあった治療法を選択し、内視鏡や腹腔鏡・胸腔鏡的治療、手術、抗がん剤治療、放射線治療など幅広い治療を実施しています。
 なお、UICC病期分類の不明に分類されている症例については、治療前に精査目的に入院する患者さんが多く、入院期間に検査結果が出ていない場合や、 当該入院中の情報だけでは病期分類が出来ないことが理由として挙げられ、特に肺癌ではその傾向がみられます。

     
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 31 10.65 52.29
重症度 1 31 14.06 71.06
重症度 2 32 17.72 77.47
重症度 3 10 18.20 81.60
重症度 4 - 0.00 0.00
重症度 5 - 0.00 0.00
不明 - 14.75 68.25
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。

 厚生労働省から報告された平成27年の死因3位は、肺炎となっています。特に高齢者肺炎が増加しており、慢性呼吸器疾患をお持ちの患者さんは、繰り返し罹患されます。 高齢で合併症を有する肺炎は、重症化の危険性も高く、適切な抗生剤の使用や酸素投与などの治療が重要です。重症度の判定には、A-DROPスコアを用い、 年齢・性別・脱水の有無・意識障害の有無、血圧低下の有無などにより、市中肺炎の治療方針を決定します。当院の平成27年度成人市中肺炎の実績は、 108件であり、高齢になるほど重症度も高くなる傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 9.27 68.64 0.00
その他 - 6.60 69.60 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 108 22.72 70.83 32.26
その他 47 13.47 67.83 3.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 34.22 69.22 0.74
その他 260 6.65 73.68 2.23
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 33.67 66.67 0.00
その他 51 3.98 68.08 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 9.00 3.33 0.00
その他 73 4.56 40.30 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。

 当院では、脳卒中の分野に重点をおき、救急隊・関連病院・医院と連携を図り、Stroke Care Unit(SCU)を中心に、 日本脳神経外科学会専門医等、脳卒中リハビリテーション看護師、SCU専属理学療法・作業療法士によりチーム医療を365日24時間体制で 患者さんに医療提供しております。入院患者さんの内訳としては、I65$(脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの)に 分類される割合が全体の約47%と高くなっており、続いてI63$(脳梗塞)に分類される割合が全体の約27%となっております。

          
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科(内分泌・糖尿病内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K171-2 内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術 18 3.44 16.50 0.00 59.28
K0842 四肢切断術(足) - 35.00 50.50 50.00 59.50
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - 18.00 8.00 0.00 77.00
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象手術件数:39(TOP3の全体に占める割合:約5割) 

 当科で上位となっている内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術、四肢切断術(足)、および内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術は、実際の手術はそれぞれ 脳神経外科、形成外科、消化器内科/外科で実施されています。
 下垂体の手術にあたり当科で内分泌学的検査・ホルモン補充療法を実施していること、糖尿病足病変の診療に力を入れていること、 また慢性疾患である糖尿病患者さんの診療では悪性腫瘍にも注意を払っており、これらの結果が反映されているものと考えられます。

神経内科(神経内科・健康管理科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1811 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。) 片側の場合 13 5.77 30.15 0.00 64.69
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - 0.00 30.00 100.00 78.00
K502-4 拡大胸腺摘出術 - 31.67 22.00 0.00 45.00
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象手術件数:32(TOP3の全体に占める割合:約6割) 

 神経内科では、神経変性疾患、脳血管障害、脱髄性疾患、感染性疾患、代謝性疾患、末梢神経・筋疾患などの神経疾患を対象としています。 常に一人一人の患者さんをしっかり診ることに重きを置き、最短かつ最良の診断と適切な治療を行うよう努めており、近隣の医療機関との連携にも 力を入れています。脳刺激装置植込術はパーキンソン病の治療の一環になります。

消化器科(消化器内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 M結腸 粘膜切除(EMR)(2㎝未満) 197 2.06 1.40 0.00 65.65
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 110 3.07 14.05 4.55 71.29
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 47 2.34 3.87 2.13 67.85
対象手術件数:693(TOP3の全体に占める割合:約5割)

 消化器内科では、大腸のポリープや腫瘍に対する内視鏡的切除術の症例数が最も多くなっており(1位、3位)、その平均在院日数は、約3日間と短期間の入院となっています。2位は、肝悪性腫瘍に対するカテーテル治療である血管塞栓術の症例です。当科では、放射線科と共同で治療を行っていますが、患者さんの高齢化により、肝臓以外の合併症を伴う症例も多く、術前術後の全身管理のために比較的入院期間が長くなる傾向が見られます。その他にも、上部消化管(食道、胃)や小腸の腫瘍に対しての内視鏡的治療や、肝臓癌に対するラジオ波焼灼術も多数例の治療を行っています。

循環器科(循環器内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 冠動脈ステント留置術 143 4.36 3.48 0.00 67.49
K5951 アブレーション 心房中隔穿刺、心外膜アプローチを伴うもの 79 2.22 5.77 1.27 64.86
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 53 2.85 4.96 7.55 74.45
対象手術件数:516(TOP3の全体に占める割合:約5割)

 循環器内科では、胸痛の原因となる急性冠症候群や狭心症に対する冠動脈形成術(冠動脈カテーテルインターベンション)が多く実施され、良好な結果をもたらしています。 また、重症下肢虚血に対する血管内治療も年々増加しており、内分泌・糖尿病内科や形成外科と協力し、下肢潰瘍形成などから救済できるようになってきました。 さらに、頻脈性不整脈(特に心房細動)に対するカテーテルアブレーション治療も最新の心筋冷凍焼灼術を導入しています。これは、足の付け根の太い血管からカテーテルを 入れて、不整脈の原因となっている部分を均一な一括冷凍焼灼で焼き切る方法で、従来よりも手術時間が大幅に短縮されます。
 診療の流れとしては、治療適切を判断するための検査を十分に行い、個々の患者さんに応じた最適な治療を行っています。 入院後、そのまま治療を行う場合もあれば、病変によっては一旦検査のみで終わり、十分な治療方針を検討した上で治療を行うこともあります。 治療前にかかる日数のばらつきはこのためだと考えられます。

小児科(周産新生児・小児科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 23 0.00 60.22 0.04 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 22 1.50 52.50 0.00 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 11 0.45 1.91 0.00 1.82
対象手術件数:84(TOP3の全体に占める割合:約7割)

 新生児では、蘇生処置が手術の扱いとされますので、最多の術式となっています。また、小児科では救急疾患の一つである腸重積症整復術が最多の術式となっています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 182 2.12 16.99 91.76 70.51
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術 肩、股、膝 85 1.55 10.41 24.71 54.21
K0542 骨切り術 前腕、下腿 66 2.14 16.44 81.82 63.79
対象手術件数:1190(TOP3の全体に占める割合:約3割)

 整形外科では表に示すように、変形性関節症を代表とする変性疾患に対して、股関節・肩関節・膝関節の人工関節置換術を多数行っております。 次に、人工関節置換術までは至らない比較的軽症の変形性関節症に対しては、関節鏡視下滑膜切除術による治療を行っております。 さらに、若年者や軽症症例に対しては、高位脛骨骨切り術あるいは低位脛骨骨切り術を積極的に行い、関節温存に努めております。 そのほか、靭帯再建術、脊髄手術も多数行っております。外傷に関しましては、大学病院であることから合併症やリスクの高い患者さんを中心に 積極的に受け入れています。
 術後は、効率的な早期機能回復を目指し、病診連携を重視した対応を心掛けております。さらに、術前入院についても、 1~2日前からの入院が多数となっております。

形成外科・美容外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 57 0.96 5.47 0.00 51.77
K0052 皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上4㎝未満) 41 0.90 2.85 0.00 18.41
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 24 1.04 7.71 0.00 52.50
対象手術件数:600(TOP3の全体に占める割合:約2割)

 形成外科で最も多い手術は眼瞼下垂症に対する眼瞼挙筋前転法による手術です。眼瞼下垂症には先天的なもの(生まれつきのもの)と後天的なもの(加齢によるもの)があります。 当科ではどちらの手術も行っていますが、手術件数としては後天的なものが多数を占めています。患者さんの状態に合わせて手術日の前日もしくは当日の入院となります。 術後は創の状態にもよりますが、できるだけ早期に社会復帰が可能になるよう心がけています。
 また、当科では乳がん後の乳房再建も多く行っています。乳房再建は再建のタイミングによって乳がんの切除と同時に行う方法(一次再建)、乳がんの切除後、 数年経ってから行う方法(二次再建)に分かれます。また再建材料によって自家組織による再建(自分のお腹や背中の組織を使用)と 人工物による再建(ゲル充填人工乳房を使用)に分かれます。何が最適な方法であるかは乳腺外科の担当の先生や当科の担当医にご相談ください。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 67 8.19 22.43 22.39 53.88
K1781 脳血管内手術 1箇所 62 3.65 8.90 3.23 59.55
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 1.07 7.03 33.33 78.90
対象手術件数:378(TOP3の全体に占める割合:約4割)

 脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、外傷、機能的疾患、脊髄脊椎疾患、先天奇形、水頭症など脳神経外科領域疾患を全般的に広く扱っており、 特に多い疾患は脳血管障害、脳腫瘍、機能的疾患、外傷です。脳血管障害は直達手術と脳血管内手術をバランスよく行っており、直達手術は動脈瘤 クリッピング術、バイパス手術、神経内視鏡手術など多岐に行っているため、DPC(Diagnosis Procedure Combination;診断群分類)上は数が分散されています。 腫瘍は悪性腫瘍、良性腫瘍ともに数が多く、頭蓋底腫瘍などの特殊な疾患も治療しています。外傷の中ではcommon diseaseである慢性硬膜下血腫の数が 一番多くなっています。
 術前術後の在院日数が長い傾向がありますが、当科が扱う疾患には治療困難例や他臓器合併症例が多く含まれていることも 1つの要因として考えられます。現在、周術期センターや病診連携(病院とかかりつけクリニックとの連携)の強化などを行い、術前術後の 在院日数減少を図っています。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 32 2.81 10.22 0.00 73.56
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 22 4.64 19.82 50.00 74.86
K5611 ステントグラフト内挿術 胸部大動脈 17 3.00 15.06 23.53 70.82
対象手術件数:209(TOP3の全体に占める割合:約3割)

 心臓血管外科では非破裂性大動脈瘤や腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を最も多く行っております。ステントグラフト内挿術はステントグラフトと呼ばれる人工血管を大動脈内に挿入し、破裂を防ぐカテーテル治療です。 次いで多いのが、弁膜症に対し人工弁輪などを用いて自己の弁を修復する弁形成術や悪くなった弁を人工の弁に取り換える弁置換術の入院です。術後は中心静脈や人工呼吸等で管理しております。 その他に、胸部大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術も多く行っております。

外科(呼吸器・乳腺内分泌・小児外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 76 1.01 1.04 0.00 3.64
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 43 2.19 11.05 0.00 63.16
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 40 4.65 12.20 5.00 69.85
対象手術件数:558(TOP3の全体に占める割合:約3割)

 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科では、肺癌に対する胸腔鏡下胚葉または区域切除を、以前より積極的に行っています。最近では検診で発見される早期肺癌が増え、 開胸よりも胸腔鏡下に摘出する症例が多くなりました。また、小開胸を置かない、完全鏡視下での肺葉切除を行っており、創は小さく、低侵襲性であるため、術後入院期間の短縮に繋がっています。 包括入院費支払制度(DPC:Diagnosis Procedure Combination)が始まり、現在では、示されている入院期間よりも短く、術後5日ほどの入院期間になってきています。
 乳腺疾患については、乳癌に対する乳房切除あるいは乳房部分切除とセンチネルリンパ節生検を行うことが多いです。新しいクリニカルパスの導入により、術前入院期間は原則手術前日入院とし、 術後も早期退院することが増えているので短縮されてきています。
 小児の鼠径ヘルニアは、男女とも腹腔鏡下根治術(LPEC)を行っています。また1歳以上の症例については、単孔式と呼ばれる臍内の創だけで行っています。術翌日に退院される患者さんがほとんどです。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 92 11.22 5.34 0.00 34.42
K877 子宮全摘術 70 3.73 8.60 0.00 49.16
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 64 7.33 5.80 0.00 33.08
対象手術件数:731(TOP3の全体に占める割合:約3割)

 西日本で有数の周産期母子医療センターとして、安全・安心の出産を目的に、救急疾患、母体疾患、胎児疾患の管理・治療を集中的に行っています。 また、よりよい女性ヘルスケアを達成するために、新規の治療方法を活用した悪性腫瘍の治療、患者負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に行っています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 452 1.58 2.62 0.44 72.86
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 151 1.12 10.78 0.66 62.26
K259 角膜移植術 46 2.46 9.02 0.00 65.46
対象手術件数:883(TOP3の全体に占める割合:約7割)

 眼科では、角膜移植・硝子体手術・白内障手術・緑内障手術・小児眼科手術・黄斑変性治療を各専門医が責任をもって手術を行っています。 TOP3の症例以外にも多数手術を行っており、全ての症例について手術を行う際には、各専門医が集まる術前合同カンファレンスで手術の適応・術式等を 検討した上で手術を行っています。患者さんの諸事情により、1か月以内の手術希望や全身麻酔での手術希望等にも可能な限り対応しています。
 また、近隣の先生方からご紹介いただいた症例は、全身検査・眼科的術前検査が済み次第、手術を遅くとも1か月以内には行えるよう早急に 対応しています。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 77 2.23 14.19 0.00 39.29
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 66 1.27 6.59 0.00 19.24
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 24 2.50 9.04 4.17 65.29
対象手術件数:408(TOP3の全体に占める割合:約4割)

 耳鼻咽喉科は、日常診療で診ることが多い疾患から、大学病院ならではの悪性腫瘍の進展例に至るまで耳鼻咽喉科疾患全般にわたり幅広く対応を行っています。

リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 17 2.41 51.76 0.00 73.94
K0542 骨切り術 前腕、下腿 10 1.70 61.80 10.00 66.40
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) - 1.67 34.67 0.00 24.78
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象手術件数:62(TOP3の全体に占める割合:約6割) 

 リハビリテーション科では、専従医師3名のうち2名が運動器リハビリテーションを専門としている関係上、主として整形外科の 術後に感染や麻痺など重篤な合併症を併発し、連携病院へすぐに転院できない患者さんを受け入れ、入院リハビリテーションを行っております。 そのため、糖尿病や心不全・腎不全などを伴った高齢者が多く、在院日数も長期となっております。

放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 18 3.00 16.94 11.11 77.44
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - 2.40 10.60 0.00 57.80
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - 1.00 1.00 0.00 49.75
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象手術件数:37(TOP3の全体に占める割合:約7割) 

 放射線科では、肝細胞癌に対して肝動脈化学塞栓術(TACE)を行っています。クリニカルパスを使用し、CTを備えた血管造影装置で施行しています。
 また、それ以外では肺動静脈瘻や腹部動脈瘤などの塞栓術や胃静脈瘤に対するバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)、CVポートの留置なども当科入院で行っています。

皮膚科(皮膚科・美容皮膚科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 49 1.71 10.24 0.00 74.27
K0063 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) 15 1.27 5.13 0.00 41.07
K0052 皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) 13 0.85 3.00 0.00 47.31
対象手術件数:155(TOP3の全体に占める割合:約5割)

 皮膚科の手術では、皮膚悪性腫瘍切除術が最多です。他の手術と比較して高齢者が多く、術後の合併症や植皮を有する手術が多いことから、平均術後日数が長くなっていると考えられます。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 46 3.09 7.52 2.17 73.17
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 20 3.35 7.75 0.00 73.05
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 20 1.45 9.80 20.00 70.25
対象手術件数:293(TOP3の全体に占める割合:約3割)

 泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱、前立腺といった尿路の疾患に対し、手術や抗癌剤を含む薬物療法などを行う診療科です。 腎臓や前立腺の手術は、腹腔鏡手術やロボット手術を積極的に取り入れています。泌尿器科で最も多い手術は、疾患罹患率が高い 膀胱癌に対する経尿道的手術で、尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除する、身体への負担が少ない手術です。この手術には灌流液として 電解質溶液を用いることで合併症のひとつである電解質異常が生じにくいTURisシステムも導入しており、症例により使い分けをしています。
 経尿道的尿管ステント留置術は、腎臓と膀胱をつなぐ尿管が、腫瘍や結石など何らかの原因で狭くなったり、 塞がってしまった状態を改善するための治療法です。

内科(腎臓・膠原病内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 56 9.75 20.43 10.71 67.75
K607-3 上腕動脈表在化法 - 18.00 28.50 0.00 72.75
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - 13.00 31.25 0.00 58.25
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。
対象手術件数:84(TOP3の全体に占める割合:約8割) 

 当科では、血液透析および腹膜透析に関与する手術を中心に行っています。血管外科や泌尿器科などの他科が行うこともある、内シャントの瘤切除、人工血管使用による内シャント作成、 腹膜透析のカテーテル留置の病例が多いことが特徴的です。事前に手術の日程調整、術式の打合せを行い、入院日数が短くなるように努めています。

救急科(救命救急センター)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 14 12.00 13.43 57.14 71.43
K1781 脳血管内手術 1箇所 12 0.08 19.33 66.67 65.50
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 11 0.00 14.09 0.00 65.73
対象手術件数:79(TOP3の全体に占める割合:約5割) 

 救命救急センターは、重症および複数の診療科領域にわたるすべての重篤な患者を24時間体制で受け入れており、集中治療室を備え、24時間体制で重篤な患者に 対して高度な治療を行っています。
 当センターで救急医療を受け、生命の危機が回避された状態にあると判断された患者さんについては積極的に搬送元の医療機関や 当院の各診療科へ転院・転棟を行っています。

外科(消化器外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント設置術 86 4.69 10.78 8.14 71.76
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 74 5.09 7.18 1.35 65.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 64 4.81 14.34 3.13 68.70
対象手術件数:967(TOP3の全体に占める割合:約2割)

 消化器外科では食道から大腸までの消化管や肝臓、胆嚢、膵臓などの手術が必要な疾患を扱っており、その範囲は多岐に渡ります。 疾患別では全体としての癌の手術が大部分を占めており、その中でも第3位に腹腔鏡による大腸癌の手術が位置しております。 他にも胃癌や直腸癌に対する腹腔鏡手術も数多く行っています。また、胆嚢や胆管の結石や腫瘍による狭窄などに対する処置や手術が多いのも当科の特徴です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.04
異なる 10 0.06
180010 敗血症 同一 53 0.31
異なる 42 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.02
異なる - 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 0.38
異なる - 0.02
 *患者数が10未満の場合、「-」で表示しています。

 この指標は、臨床上ゼロにはなりえないものの、医療の質の観点から改善努力を行っているものであり、 播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院のきっかけとなった病名の同一性の有無を区別し症例数と発症率を示したものです。敗血症においては、当院では約半数が救急入院となっています。

更新履歴
2016/09/24