診療科

消化器外科

診療科紹介

ごあいさつ

診療部長 長谷川 傑 Suguru Hasegawa

我々の担当する疾患は日本人の3大死因の一つである "がん"、その中でも多くの患者さんが罹患する消化器がん(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓)の診療を中心に行っています。患者さんとコミュニケーションをとりながら、できるだけ体の負担が少なく、病気の状態や体力に応じた最善の治療方法を選択し、「喜んでいただける医療」が提供できるように日々努力しております。

特徴・特色

手術治療として胸腔鏡や腹腔鏡、また最近はロボットを用いた食道や胃、大腸、直腸などの治療を積極的に行っております。肝臓や膵臓などの高難度手術に関しても安全で合併症の少ない手術を行っています。胃や大腸の腫瘍を内視鏡(カメラ)で切除する内視鏡的粘膜切除術(EMRやESD)また、食道アカラシアに対する内視鏡的筋層切開術(POEM)も積極的に行っております。手術以外のがん治療(抗がん剤治療や放射線治療)についても大学内の様々な部署と連携して治療方法を提示いたします。詳細は福岡大学医学部消化器外科ホームページを参照下さい。

医療に関する統計データ

(各年1月〜12月に実施された件数)

内容 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
食道癌手術 16 16 25 16 21
(腹腔鏡下手術) (13) (16) (25) (16) (10)
(ロボット支援下手術) (11)
胃癌手術 70 65 86 98 102
(腹腔鏡下手術) (44) (58) (86) (83) (75)
(ロボット支援下手術) (13) (24)
結腸癌手術 100 81 104 100 145
(腹腔鏡下手術) (63) (72) (100) (98) (144)
直腸癌手術(合計) 60 55 66 88 97
(腹腔鏡下手術) (45) (52) (64) (65) (50)
(ロボット支援下手術) (21) (47)
肝切除 25 38 31 29 46
(腹腔鏡下手術) (4) (4) (18) (18) (32)
胆嚢摘出術 112 103 96 95 120
(腹腔鏡下手術) (89) (99) (88) (94) (115)
PD(PPPD)膵頭十二指腸切除術 23 15 4 7 6
DP 膵尾側切除術 10 15 6 4 11
(腹腔鏡下手術) (2) (3) (1)
ERCP・EST・EUS 694 577 644 564 624
ESD 59 52 48 64 50
POEM 43 48 47 36 41

関連リンク