診療科

耳鼻咽喉科

診療科紹介

ごあいさつ

診療部長 坂田 俊文 Toshifumi Sakata

当科の名称は耳鼻咽喉科になっていますが、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の診療を行っています。

外耳や中耳、神経難聴からめまいを症状とする内耳の病気、顔面神経まで耳に関するすべてのことを扱っております。また鼻アレルギーや副鼻腔炎といった鼻の病気、扁桃腺や声のかれ、ものが飲み込みにくいなど、のどや嚥下の問題、口腔や咽喉頭、頸部、甲状腺の良性腫瘍や癌、リンパ節腫脹などをはじめとする顔面・頭頸部の疾患すべてについて取り組んでおります。

耳については細かい操作が必要な耳硬化症を代表とする中耳難聴や、真珠腫、慢性中耳炎などの手術治療を行います。また、耳鳴や聴覚過敏などの専門外来の他、補聴器装用については補聴器外来で対応させて頂いております。これらに加え、補聴器の無効な高度難聴者に音の世界を取り戻す人工内耳も手がけております。先天性の難聴のお子さんたちへの支援として、補聴器の選定や交付のお手伝い、人工内耳まで、福岡県内のろう学校やきこえとことばの教室、療育センター、小児科と協力して取り組んでおります。

顔面神経麻痺やめまいは、一般的に脳神経科や内科の疾患と考えられていますが、過半数以上の方で耳が原因です。原因の検索には聴力や平衡機能などの耳の検査が必須です。特に顔面神経麻痺については早期の治療およびリハビリが大切ですので、発症直後の受診をお勧めします。

各種鼻疾患に対して内視鏡を用いた侵襲の少ない手術法が良好な成績をあげております。喉頭癌・上顎癌・口腔咽頭癌など頭頸部悪性腫瘍につきましては、放射線科、形成外科、歯科口腔外科などと連携をとりながら、生活の質(QOL)に配慮した、より効果的な治療に取り組んでおります。

ものが飲み込みにくい嚥下障害につきましては、ファイバーや造影検査で評価を行った上でリハビリを行っております。嚥下障害の原因検索やリハビリでは関連する科と院内で連携するとともに、周辺の関連病院と協力して、急性期及び慢性期の治療にあたっております。また手術治療が有効な方には当科で手術も行います。

困ったことがありましたら、かかりつけ医の先生にご相談の上、当科へ受診されてください。皆様のお役に立てれば幸いです。

医療に関する統計データ

(2019年4月〜2020年3月に実施された件数)

内容 2019年度 手術(例)
126
132
口腔咽喉頭 206
頭頸部 150

専門外来

聴覚異常感 / 補聴器 / 腫瘍 / アレルギー / 嚥下 / 音声言語

関連リンク