診療科

感染症(腫瘍・血液・感染症内科)

診療科紹介

ごあいさつ

診療部長 高松 泰 Yasushi Takamatsu

当科は、腫瘍・血液ならびに感染症の2つのグル-プに分かれて診療と研究を行っています。

感染症グル-プは一般的な外来・入院診療ならびに医療関連感染症、各種免疫不全に伴う日和見感染症に対する診療支援を行っています。また、当科は日本感染症学会専門医制度認定研修施設に指定されており、プロフェッショナルな臨床感染症専門医の育成を行っています。

研究面では菌血症性敗血症を中心とした医療関連感染症の臨床疫学的研究や予防法の開発、癌と常在菌との関連など、世界に発信できる臨床に根差した研究を目指し取り組んでいます。

特徴・特色

  1. 感染制御部と連携し、福岡大学病院全科(小児を除く)の幅広い感染性疾患の診療支援、 専門外来を行っています。
  2. 腫瘍・血液疾患やAIDSなどの各種免疫不全症に合併した日和見感染症の診療にも積極的に取り組んでいます。
  3. 感染症例カンファレンスならびに福岡臨床感染症研究会の開催を通じて院内外の医師等に対する感染症教育を行っています。

専門外来

感染症

関連リンク