当院について

がんゲノム外来

がんゲノム医療とは

当院は九州大学病院の「がんゲノム医療連携病院」として、がんゲノム医療を提供しております。がんゲノム医療とは、主にがんの組織を用いて多数の遺伝子を同時に調べることで(遺伝子パネル検査)、遺伝子変異を明らかにし、個々のがんの特徴に応じた治療を行う医療です。

がんゲノム外来はそれらをご希望される患者さんの窓口となる外来であり、各種がんに関連する遺伝子パネル検査を提案します。

当院には、がん治療の専門家に加え、遺伝医学・病理学などの専門家、がん専門薬剤師、がん相談員である看護師などゲノム医療を支える専門スタッフが在籍しています。各診療領域と連携しつつ、これらスタッフががんゲノム情報に基づいて、治験・臨床試験を含む期待できる治療法について検討し、患者さんに提案することを目的とします。
なお、遺伝子パネル検査の結果や各分野の専門家による分析の結果、患者さんのご希望するような治療等が見つからない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

対象となる方

がん全般が対象となります。ただし、血液がん(白血病や悪性リンパ腫など)は除きます。
また、全ての標準治療が終了もしくは終了が見込まれる方が対象となります。

診療内容

再発・進行がんには薬による治療が行われますが、がんに関する多くの遺伝子(がんゲノム)を調べることにより、特定の分子標的治療薬などが効くタイプかどうか分かることがあります。
新たに採取されたがん組織、あるいは過去に手術などで採取したがん組織からがんゲノムを解析し、解析結果をエキスパートパネルと呼ばれる専門家会議で検討することにより、標準治療を既に終えた患者さんに対しても有望な治療ができないか検討します。

受診方法

当院のがんゲノム外来を受診希望の方で、当院かかりつけの方はご自身の主治医に相談してください。
当院のかかりつけでない方は、かかりつけ医療機関の医師にご相談ください。

診療日および料金

  • がんゲノム外来は予約制で、月曜日・水曜日・金曜日に診療しています。
  • 2019年6月1日より保険診療が認められました。検査料は3割負担で168,000円になります。(なお、必要な検体を検査機関へ提出した際に24,000円、検査結果をもとに患者さんへ治療について説明した際に144,000円を請求させていただきます。)
  • 必要な検体を検査機関へ提出した後、患者さんのご都合で検査をキャンセルした場合、当該検査に係る費用を徴収させて頂きますのでご了承ください。
  • 治療に際しては保険が適用されない場合があり、医療費が高額になる可能性がありますのでご注意ください。

注意事項

  • 遺伝子検査を実施しても、検査結果によっては治療を実施できない可能性があります。
  • 遺伝子検査の結果をC-CAT(がんゲノム情報管理センター)へデータ登録し、そのデータは二次利用されます。遺伝子検査を受ける際に同意書等の記載をしていただきますのでご了承ください。なお、同意されない場合であっても、保険診療で遺伝子検査を受けることができます。

医療機関の方々へ

当院のがんゲノム外来を受診希望される患者さんがいらっしゃいましたら、「がんゲノム外来診療予約申込書」をご記入いただき、チェック項目の1〜4がすべて「はい」の場合のみ、地域医療連携センターへFAXしていただきますようお願い致します。

FAX番号:092-862-8622
(受付時間:月〜金曜日 8時40分〜18時00分)
(休日やFAX受付時間外にお申し込みいただいた場合は、翌診療日の対応となります。)

お問い合わせ
腫瘍センター がんゲノム外来
電話
092-801-1011 (代表)
受付時間
月〜金曜日 9時00分〜16時40分