各部門・センター

入退院支援センター

各部門・センター紹介

ごあいさつ

センター長 小川 正浩 Masahiro Ogawa

当センターは、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、ソーシャルワーカー、事務等の多職種で構成され、入院予定の患者、ご家族が、入院中および退院後に安心して療養生活を送ることができるよう支援する部門です。

入院前から、入院生活や退院後の療養などにおける不安や気がかりを共有し、院内連携だけではなく、必要時は、地域の医療福祉機関や行政等とも連携をとっています。

当院の基本理念である「あたたかい医療」を届けるべく、病気と向き合う患者さんやご家族に寄り添い、入院生活が安全で安心して過ごすことができるよう努めてまいります。

役割

  • 入院予定の患者さん・ご家族が、入院後の治療過程や生活をイメージでき、安心して入院生活が送れるように、入院前から多職種(薬剤師・管理栄養士等)で支援を行います。必要時は、がん相談員や専門・認定看護師、社会福祉士などの紹介や、院外のケアマネージャーやいきいきセンター担当者などと情報共有を行います。
  • 術前外来や外来・病棟看護師、地域医療連携センターとも連携を行っています。

入退院支援センターの流れ

外来から入院や手術に関して説明され、必要な検査が終了してから入退院支援センターの予約となります。

薬剤師による面談:お薬手帳の確認、休薬推奨薬の確認

下矢印

管理栄養士による面談:栄養状態の評価、食物アレルギーの確認、適正食種の確認

看護師による問診:

  • 患者さん、ご家族の入院に必要な情報の聴取、入院に対する思いや気がかりな内容への対応
  • 治療過程の概要説明
  • 初期看護計画の立案
  • 入院診療計画書の作成
  • 入院生活に関する説明
  • ケアマネージャーなど地域医療関係者との連携

【全身麻酔の手術で入院される方のみ】

  • 全身麻酔で手術を受ける方の術前問診

必要時は地域医療連携センターの医療相談窓口や後方連携と連携を行います。