各部門・センター

医療情報部

各部門・センター紹介

ごあいさつ

診療部長 吉田 陽一郎 Yoichiro Yoshida

2020年4月1日、コロナウイルスが猛威をふるうなか志村英生教授の後任として着任いたしました。感染とStay Homeは、医療に対して様々な問題点を投げかけ、新たな診療体制を構築する必要性を感じさせます。

利便性と安全性は相反する側面を持ち合わせ、便利さを追求すればするほど見えないリスクに遭遇します。ウイルス感染は人体のみならず電子カルテにも発症し、どちらも医療崩壊を起こしえます。

医療情報部は、医療システムの安全管理を第一の目標とし、さらに未来に繋がるシステム開発・データの利活用を目指したいと考えております。

特徴・特色

現在、病院診療の特徴や現状を分析公開して、病院を利用している患者さんやご家族に知ってもらうことが求められています。

Clinical Indicator(臨床指標)といわれる病院情報について、積極的に提示していくのも大切な仕事です。電子カルテの導入後には、種々の情報を集めやすくなっており、多彩な観点から作成した Clinical Indicator を順次提示いたします。

医療に関する統計データ

診療録(カルテ)開示件数の5年間推移

(各年度4月~翌年3月の開示件数)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 合計
開示件数 350 444 402 405 442 2,043
臨床診療データ利活用依頼件数の推移

(各年度4月~翌年3月の依頼件数)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 合計
PC-KAGLA
DWH-GX
診療データ
(オーダ、患者基本情報、etc )
291 329 273 274 300 1,467
病歴大将 病名 15 6 1 3 5 30
Yahgee サマリ、看護、etc 62 62 98 98 114 434
Claio 画像 1,111 1,172 1,038 1,009 926 5,256
がん登録件数の推移

(各年1月~12月のがん登録件数)

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 合計
がん登録件数 2,000 2,051 1,990 1,954 2,081 10,076
1入院当たりの診療録(カルテ)作成管理数

(各年度4月~翌年3月の作成管理数)

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 合計
診療録(カルテ)の作成管理数 1入院(冊) 18,629 18,522 18,844 19,823 19,525 95,343