各部門・センター

栄養部

各部門・センター紹介

ごあいさつ

診療部長 廣瀬 龍一郎 Ryuichiro Hirose

「食で病を癒す!」が福岡大学病院栄養部のスローガンです。

病院食は患者さんの治療手段のひとつです。これは治療薬のない時代から行われている病人に対する栄養食治療のあり方です。ただし現代の医療では、口からの食事のみでなく、管を介して胃に食事を入れたり、静脈から栄養を入れたりすることも可能です。しかし、本来の食事の美味しさは口からしか堪能できません。見た目、香り、歯触りなどを楽しんで、コミュニケーションを取って心通じ合って食べるのが本来の食事です。足腰に問題のない方は、ラウンジで入院患者さん達やお見舞いの方達と語らいながら食事をするのは何よりの元気の素です。食事は美味しく口から食べるのが普通ですが、それが病気のために食欲がなく、噛んで飲み込むのが難しい患者さんでも、可能な限り口から食事ができるように工夫した食事の形態をお出ししています。

福岡大学病院では、個々の患者さんが早く普通の社会生活に復帰できるよう入院中の栄養管理を多くの職種で相談する栄養サポートチーム(NST)が担当しています。また、糖尿病などの患者さんでは、日常の食事内容やカロリーの勉強をしていただく栄養食事指導も行っています。

治療のための病院食を提供していますので、味付けや量は皆さんが普段、口にしているものより薄めで量も少ないかもしれません。病院で、美味しさを追求するあまりに、身体に悪い食事は出せません。身体に良いものを提供するという点を御理解いただき、味わっていただければと思います。

特徴・特色

  • 栄養食事指導を行い、健康な身体を取り戻せるよう教室を開いています(糖尿病教室、母親学級、ハート教室など)
  • 個々の患者さんの病状回復のために、各診療科主治医や看護師と連携してNST(栄養サポートチーム)活動を積極的に行っています。
  • 安全、美味で治療効果の高い食事を提供しています。
  • 個々の患者さんに必要な食事に対応しますので、栄養部事務室まで気軽に連絡をお願いします。
お問い合わせ
栄養部事務室
電話
092-801-1011(代表)[ 内線:2021 ]