入院・面会

入院生活について

入院生活で、不安や心配なことがあるかと思います。患者さんの入院生活が、少しでも快適に過ごせますよう、職員が力を合わせて、お手伝いいたします。また、入院生活には、日課や規則がございますので、ご協力ください。
また、入院案内は、病室内テレビ(無償)でご覧になれますので、ご利用ください。

約束事

病院・病室も小さな社会です。いろいろな約束事がありますが、それらを十分に確認の上、快適な入院生活をお送りください。

点灯・消灯 6時00分に点灯、22時00分に消灯します。
食事 食事時間は、朝食7時30分 昼食12時00分 夕食18時00分です。多少前後することがあります。
常食の患者さんを対象に週2回(火・金曜日)の選択食を実施しています。
また、常食の患者さんを対象に、「糸島あじわいメニュー」を提供しております。
※「糸島あじわいメニュー」:糸島産の食材を使用した"特別メニュー"
  • 有料個室(5,000 円以上)の方・・・追加の自己負担なし(通常の食事療養費のみ)でご提供
  • 一般室の方・・・希望者のみ、800円(税別)/日の追加自己負担でご提供
また、給茶器はデイルームにご用意しています。
入浴 病棟ごとに曜日と時間を決めています。
散歩 範囲は病院敷地内とさせていただきます。お出かけの時は、看護師にお知らせください
外出・外泊 外出・外泊は原則としてできません。
特別な事情がある場合は、主治医または看護師にお申し出ください。
届出書の記入が必要です。無断で外出され、1時間以上所在がわからない場合は、行方不明とみなし病院の判断で警察へ届出することがあります。
携帯電話 院内ではマナーモードに設定し、周りの方の迷惑にならないようご配慮ください。病棟内、外来待合室での通話はご遠慮ください。手術室、検査室、集中治療室では電源をお切りください。診療上使用中止をお願いすることがあります。
無許可での写真・動画撮影(カメラ・携帯電話・スマートフォン等)を禁じています。
禁酒・禁煙 入院中は禁煙です。入院中の飲酒は禁止します。また、病院敷地内は全面禁煙です。
飲食・差し入れ 面会者の病室での飲食や差し入れは、ご遠慮ください。
特別な事情がある場合は、主治医または看護師にお申し出ください。
また、患者さん間での飲食物の受け渡しもご遠慮ください。
病室の移動 ご本人または他の患者さんの病状等に応じて、病棟や病室あるいは病室内のベッドの位置を移動していただく場合があります。ご協力をお願いします。
また、多床室では他の患者さんのご迷惑になるような場合は、個室(有料)に移動していただくことがあります。
宗教活動 病院内での宗教活動、布教はお断りしています。
張り紙 病室の壁に張り紙やフック等の張り付けはお断りしています。
他医療機関受診 入院中に主治医の許可なく他の医療機関を受診することはできません。
ご家族等の代理受診も同様です。
他医療機関に関する受診の費用について、健康保険が使えず自費負担となることがあるため、ご注意ください。
その他
  • 職員へのお心遣いはお断りしています。
  • 患者さん間および職員との金品の貸し借りや物品の販売は禁止しています。
  • 鳩や猫に餌をやらないでください。糞が公害になります。

病棟・病室内の設備

病室

一般室
個室
ナースコール ご用のとき押してください。
体温計 退院時に看護師にご返却ください。
誤って破損、紛失された場合、実費を負担して頂くことがあります。
床頭台 プリペイドカード式テレビ、プリペイドカード式冷蔵庫、セーフティボックスを設置しています。
洗面器や洗面道具、筆記用具等を収納できます。
テレビ 病室に設置のプリペイドカード式テレビ(個室は種類によってプリペイドカード式テレビおよび電話)をご利用ください。個室以外ではイヤホンをご使用いただいています。(敷地内のコンビニエンスストア(ローソン)でも購入できます。)
ご利用は原則として6時00分〜22時00分(消灯時間)までです。ご協力ください。
インターネット 本館特室A〜C、新館特室A、Bにはインターネット接続環境(有線)を整備しています。
ゴミ箱 個人用としてベッドサイドに1つ設置しています。また、分別が必要なものは、内容を明示して病棟の1カ所に設置しています。
カーテン プライバシーのために大部屋に設置していますが、更衣や処置・診察時以外は、治療上必要な観察のために開けていただくことを原則としていますのでご了承ください。
洗濯機・乾燥機 洗濯は各病棟に備えているプリペイドカード式洗濯機・乾燥機をご利用できます。(使用時間 9:00 〜 19:00)
洗面所 本館は共有の洗面所を使用できますが、利用は 6:00 〜 22:00(消灯時間)となります。

デイルーム

冷蔵庫 ご自分の所有物に日付とお名前(姓名)を書いてご利用ください。
テレビ ご利用は原則として6時00分〜22時00分(消灯時間)までです。ご協力ください。
給茶器 ご自由にご利用ください。
電子レンジ ご自由にご利用ください。

サービス施設

各種サービス施設については、 サービス施設のご案内をご覧ください。

医療の安全対策について

当院では、患者さんが安心して入院生活を送っていただくために、病院職員が一丸となって医療安全に取り組んでいます。
医療安全対策の一環として、患者さんのご協力をいただき、以下の対策を行っております。
患者さんには、多少の違和感やご不便をおかけすると思いますが、ご協力をお願いいたします。

1.誤認防止

  1. お名前の表示
    各病室入り口に、患者さんの「お名前」を表示いたします。表示に不都合のある方はお申し出ください。
  2. ネームバンドの装着
    患者さんの誤認防止のために、入院から退院まで、ネームバンドを手首等につけていただきます。
    ネームバンドには、登録番号・氏名・生年月日・性別等を印字します。
  3. ご本人の確認
    検査や処置などの前には、お名前を確認させていただきます。
    確認の方法は、患者さんご自身で「姓・名」を名乗っていただき、伝票類と照合いたします。
    検査のラベル、点滴、注射カード、輸血バッグに記入された姓名を患者さんと一緒に確認させていただきます。
    ネームバンドと注射薬・検査の容器等に表示しているバーコードラベルとの確認を行います。
    機械の音で夜間等ご迷惑をおかけしますが、ご協力ください。

2.転倒転落の防止

病状の変化や環境の変化のために、ベッドより転落される方がおられます。ベッド柵を上げてお休みください。
ベッドからはゆっくりと起き上がってください。また夜間は足元が暗いので十分にご注意ください。
エスカレーターで高齢者の転倒事故が多発しています。エレベーターをご利用ください。
滑りにくい素材の靴は、つま先が引っ掛かりやすいため、入院中の履物としては適切ではありません。

3.患者さんの確認

昼夜を問わず、患者さんの様子が伺えるように、カーテンの足元は開けさせていただきます。
病棟外に出られる場合は、看護師に行き先をお伝えください。

4.説明の確認

医師は、手術・検査等の説明の際、説明を受けられた方をカルテに記録する必要があります。
説明に同席されるご家族、ご親族のお名前をお聞きしますので、ご協力ください。

感染対策について

1.手洗い(手指消毒)について

当院では医療従事者、患者さんおよびご家族の方、並びに面会者の方々の手洗い(手指消毒)を励行しています。
医師や看護師の手洗いや手指消毒が不十分と思われる場合は、遠慮なくお申し付けください。
手指消毒薬は、患者さんの病室入口に備えつけておりますので、どうぞご利用ください。

2.咳エチケットについて

咳やくしゃみをしている医療従事者や患者さんは、感染拡大を防止するために咳エチケットが重要となります。
咳エチケットには以下の事が含まれます。

  • マスクを正しく着用すること(鼻、口をきちんと覆うこと)
  • 痰(たん)や鼻水等を取ったティッシュはビニール袋に入れてごみ箱に入れること
  • 痰(たん)や鼻水等を取ったあとは手洗いを行うこと

また、咳やくしゃみをしている患者さんのご家族またはご面会の方につきましては、有症状時のご面会をお控えいただきますようお願いいたします。

3.海外医療機関受診歴の確認

海外の医療機関で治療をうけたことがある方は、医師や看護師にお知らせください。

プライバシー保護について

患者さんのプライバシー保護のため、次の点に留意します。

  1. 患者さんの取り違え防止や患者さんの部屋の所在確認の目的から、患者さんのお名前を病室入口とベッドサイドに表示させていただいております。 病室入口の掲示を望まれない場合は、お申し出ください。「在室」とのみ表示します。
  2. 見舞客等へ患者さんの入院の有無、病室等の案内を望まれない場合は、お申し出ください。入院病棟で「入院の問い合わせ、面会の取次ぎに関する同意書」の記入をお願いしております。なお、個人情報保護の観点から、電話による入院の事実確認等のお問い合わせには対応していません。
  3. 患者さんの呼び出しは、確認のためにお名前でお呼びします。
  4. 原則として館内放送での患者さんのお呼び出しは行いませんが、緊急時やむを得ずお呼び出しすることがありますのでご了承ください。
  5. お申し出されたご希望は、いつでも変更することが可能です。お気軽にお申し出ください。

盗難防止について

  1. 盗難防止のために、できる限り現金や貴重品等はお持ちにならないでください。
    プリペイドカード購入後はカードの裏に名前を記入し、使用しない時はセーフティボックスに保管する等の管理をしてください。
  2. 患者さんご自身で管理していただけるようにセーフティボックス(キー付小物入れ)を床頭台の引き出しの中にセットしています。病室を離れるときは、セーフティボックスの鍵を必ず身につけてください。盗難にあわれた場合、当院での責任は負いかねます。
    誤ってセーフティボックスキーを紛失された場合、実費を負担して頂くことがあります。
  3. 不審者・不審物を見かけたら、ただちに最寄りの職員にご連絡ください。
  4. 病院には多くの人が出入りします。不審者の侵入を防ぐためにも、病棟の入り口のドアを開けたままにしないでください。
  5. 防犯カメラは各階及び病院出入口に取り付けています。

防災について

  1. 火災、地震など非常事態が発生した場合は、医師、看護師、その他の職員の誘導に従って冷静に行動してください。
  2. 非常口と避難場所をお確かめください。避難場所を示した避難経路図は各病室に備えています。