入院・面会

出産にむけて

総合周産期母子医療センター(産科部門)では、妊娠中から出産後まで、一貫した高度で専門的な管理を行います。
必要に応じて、各科の専門医による診察もいたします。
また、赤ちゃんに専門的な治療が必要な場合は、総合周産期母子医療センター(新生児部門)で、集中管理を行います。

入院後は、受け持ち助産師が中心となって、妊娠・分娩・産後に関すること、母乳、育児に関することを、お母さんの立場になって丁寧に対応させて頂きます。助産師による、助産師外来も実施しています。

助産師外来の内容

  • 妊娠中の保健指導
  • 出産後の赤ちゃんの体重増加状況の確認
  • 母乳分泌状況の確認と乳房ケア
  • 育児相談

当院で出産を希望される方は、女性診療センター外来受診の際に、医師にお申し出ください。
出産のための入院は、予約制になっています。

母親学級の開催

妊娠や出産は、大きなライフイベントです。また、大切な家族を迎えるための準備でもあります。安全で安心した妊娠期を過ごし、最高の出産を迎えられますように、母親学級を開催し、助産師や管理栄養士が、患者さんの疑問や不安にお答えします。

母親学級開催について

開催日 時間 内容 場所
第1土曜日
(Lesson1)
13:30〜15:30
  • 妊娠中の過ごし方
  • 栄養について
新館3階
指導室
第2土曜日
(Lesson2)
13:30〜15:30
  • お産の経過と呼吸法
  • 入院の時期と必要物品
看護学科棟3階
実習室
第3土曜日
(Lesson3)
13:30〜15:30
  • 入院中の生活
  • 授乳と赤ちゃんについて
  • 産後の生活
新館3階
指導室
第4土曜日
(Lesson4)
13:30〜15:30
  • 祖父母学級(孫育て応援講座)
看護学科棟3階
実習室

※ Lesson4(孫育て応援講座)は、おじいさん、おばあさんになられる方と一緒に参加してください。
※ 看護学科棟で開催の際の集合場所は、看護学科棟1階のロビーになります。13:25までにお集まりください。
※ 土曜日が祝日の場合は、母親学級の開催はありません。
※ 母親学級の開催日や場所は、外来でお尋ねください。
※ 会場の都合上、当院で入院を予約された患者さんを対象としています。
※ 夫立会い分娩を希望される方は、外来受診時にお申し出ください。立会いをされる方(夫)とともに、母親学級へ参加していただきます。

陣痛の発来や緊急で入院される場合

分娩の兆候である「おしるし」「出血」「お腹のはり(陣痛)」「破水」は、休日や夜間でも起こります。当院での出産予約をされた方で、休日や夜間に分娩兆候や問題が起こった場合は、下記へご連絡ください。24時間体制で、医師や助産師が対応いたします。

連絡先
女性診療センター
電話
092-801-1011 (代表)[ 内線:4810、4811 ]

※ 入院の際は、必ず「母子健康手帳」をご持参ください。