各部門・センター

救命救急センター

各部門・センター紹介

ごあいさつ

診療部長 石倉 宏恭 Hiroyasu Ishikura

当センターは、福岡医療圏における救急医療の要として、平成4年4月に開設されました。

大学病院併設型の救命救急センターで、各診療科の協力の下に、3次救急医療施設として年間約1,000名の重症患者を24時間態勢で受け入れています。現在では福岡市は基より、福岡県、近隣他府県からの救急要請にも対応し、他施設では対応困難な多発外傷、多臓器不全、脳卒中、心筋梗塞、重症感染症、広範囲熱傷、指肢切断、重症薬物中毒等の重症患者を積極的に受け入れています。

当センターは初療室2室、救急患者専用CT室、救命センター専用病床、ヘリポート、ドクターカー等の設備を備えており、救急科専門医と各診療科専門医合わせて20名程度が常駐し、専門分野別にチームを組み、地域救急医療に貢献すべく、24時間365日途絶えることなく最先端医療の提供に努めています。

病院内業務もさることながら、消防、医師会、学会、行政などへの活動にも積極的に参加し、災害発生時の緊急援助訓練や市民への心肺蘇生手技講習などを通じて、地域の救急医療体制の質の向上にも努めています。

今後、高度救命救急センター認可に向けて更なる体制の充実を図っていく予定です。

特徴・特色

私達の使命として下記の4つの柱を挙げ、積極的に取り組んでいます。

初期診療

初期診療は、素早く全身の診察、検査をおこない診断・治療をする現場です。緊張しながらも冷静に粛々と診察・診断・治療を行っています。

災害

当院は災害拠点病院でもあり、平成15年より警察・消防協力の元、民間では県内最大規模の防災訓練を行っています。また、日本DMAT(災害派遣医療チーム)チームを3隊有し福岡県DMATには7名の登録があり、有事の際には直ちに出動できるように常日頃より訓練を行っています。海外での災害に対しても積極的に人員を派遣できるように体制を整えています。

病院前救護

2018年1月よりFMRC(ファーストメディカルレスポンスカー)を導入しました。FMRCは救急現場に医師や看護師を投入するための緊急自動車で、重症救急事案が生じた際には消防からの要請によりFMRCが出動します。医師は病院で患者さんを待つのではなく、救急現場へ駆けつけ早期診断・早期治療を行う『攻めの救急』を実践します。

集中治療

当院各診療科との密接な協力体制のもとに、どのような重篤な疾患でも迅速かつ適切な高度な集学的治療を行います。特に重症呼吸不全患者に対するECMO(エクモ)治療は九州随一のレベルを誇っています。

主な対象疾患

  • 意識障害または昏睡
  • 急性呼吸不全または慢性呼吸不全の急性増悪
  • 急性心不全(心筋梗塞を含む)
  • 急性薬物中毒
  • ショック
  • 重篤な代謝障害(肝不全、腎不全、重症糖尿病など)
  • 広範囲熱傷
  • 大手術を必要とするもの
  • 救急蘇生後
  • その他外傷、破傷風などで重篤なもの

専従スタッフ

専従医師 23名(教授1名、准教授2名、講師2名、助教12名、助手6名)
看護師 83名(師長1名、主任3名を含む)
認定看護師 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師1名、救急看護認定看護師2名、認知症看護認定看護師1名
看護助手 4名
クラーク 2名
メディカルクラーク 1名
臨床工学技士 専任3名
薬剤師 専任2名

設備

  • 救命救急センター救急搬入口と直結した2つの救急初療室
  • 救急初療室に直結したCTスキャン
  • 人工呼吸器、血液浄化機器、熱傷用特殊ベット、自動体交ベット、PCPS、人工膵臓
  • ドクターカー
  • 災害用各種備品
  • 臨床訓練室(シムマン・ハートシム・マイクロシム)等

3次救急患者受け入れ実績

2014年度 718例
2015年度 684例
2016年度 763例
2017年度 879例
2018年度 831例

関連リンク