福岡大学病院臨床指標

PCI(経皮的冠動脈インターベンション)を施行した患者(救急車搬送)の入院死亡率

必要データセット:DPC 様式1

解説:PCIの成功率や予後は、PCIに関する手技や症例数、合併症発生時への対応、緊急時の体制などが影響すると言われている。PCIによる死亡率を把握することで、体制等の整備を図り、死亡率を改善していくことが求められる。本指標の分母に含まれる急性心筋梗塞は、入院時Killip 分類(入院時の重症度)が「I.心不全の兆候なし」あるいは「II.軽度〜中等症の心不全(肺ラ音、3 音、静脈圧上昇)」に該当したものを対象としている。ただし、患者の年齢や基礎疾患等を踏まえた重症度については補正していないことに留意する必要がある。

目標値:なし

データの対象期間:平成26年度〜30年度(平成26年4月1日〜31年3月31日)

PCI(経皮的冠動脈インターベンション)を施行した患者(救急車搬送)の入院死亡率

※平成25年度は「国立病院機構 臨床評価指標 計測マニュアル 2013年改訂版」、平成26年度〜28年度は「国立病院機構 臨床評価指標Ver.3 計測マニュアル」に基づいて算出。平成29〜30年度は「国立病院機構 臨床評価指標Ver.3.1 計測マニュアル」に基づいて算出。

※2019年6月30日現在。

指標の定義・算出方法

分子:分母のうち、退院時転帰が「死亡」の患者数。分母のうち、様式1を参照し、「退院時転帰」が「6 最も医療資源を投入した傷病による死亡」、「7 最も医療資源を投入した傷病以外による死亡」に該当する患者を抽出し、分子とする。

分母:救急車で搬送され、PCI が施行された急性心筋梗塞や不安定狭心症の退院患者数計測期間において、様式1の該当する傷病の項目(医療資源傷病名)に以下の傷病名が記載されている退院患者を抽出する。

  • I200 不安定狭心症
  • I21$ 急性心筋梗塞
  • I22$ 再発性心筋梗塞
  • I24$ その他の急性虚血性心疾患

このうち、以下の3つの条件を全て満たす患者を抽出し、分母とする

  • 様式1の「入院経路」で「1 家庭からの入院」の患者。
  • 様式1の「救急車による搬送の有無」で「1 有」の患者。
  • 様式1を参照し、入院年月日から数えて2日以内に以下の算定があった患者。
  • K546 経皮的冠動脈形成術
  • K547 経皮的冠動脈粥腫切除術
  • K548 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの)
  • K549 経皮的冠動脈ステント留置術

* 1:≦ 算定年月日 - 入院年月日 + 1 ≦ 2

このうち、以下のいずれかに該当する場合は除外する。

  • 様式1の該当する傷病の項目(入院契機傷病名、入院時併存症)のいずれかに以下の傷病名が記載されている患者
    I46$ 心停止
  • 様式1の「急性心筋梗塞(050030、050040)における入院時の重症度:Killip分類入院時における重症度」が「3 Class 3 重症心不全、肺水腫」、あるいは「4 Class 4 心原性ショック(収縮期血圧(90mmHg、抹消循環不全(乏尿、チアノーゼ、発汗))」に該当する患者。