患者さんへ知っていただきたいこと

院内がん登録について

当院は、平成20年2月に厚生労働省より、がん診療連携拠点病院として指定を受けたことから、院内がん登録の取り組みを行っています。院内がん登録とは、「がん対策基本法」に基づき当院で診断・治療を行った全てのがん患者さんについて、その診断から治療、および予後に関しての調査を行い国立がん研究センター等に報告する制度です。

これにより、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さんを支援し、適切なサービスができるように役立てることで、院内だけでなく、県内外や国におけるがん医療対策、がん研究や予防の推進に活用されます。

院内がん登録は、登録から予後調査までを当院の診療情報管理士が行い、業務の際は、個人情報の保護に努めています。

がん医療の向上とそれを支える社会環境の整備を目指して参りますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

登録により収集された情報は、以下の目的に利用いたします。

  • 国立がん研究センターがん対策情報センターへの情報提供
  • がん患者さんの生存率の計測(予後調査)
    ※院内で予後情報の把握が出来ない場合は、各市町村へ住民票照会等による生存確認を実施いたします。
  • 全国がん登録への情報提供
  • 自施設のがん医療実態の把握
  • 診療活動の支援、研究、教育のための資料提供
  • がんに関する医療活動の評価(統計)の資料作成
  • 患者さんへの情報公開の基礎資料
  1. 上記のうち同意しがたい事項がある場合には、その旨を医療情報部までお申し出ください。
  2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

院内がん登録件数の推移

(各年1月〜12月の件数)

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 合計
がん
提出件数
2,000 2,051 1,990 1,954 2,081 2,112 2,099 14,287

院内がん登録統計

  1. 登録数
  2. 部位別登録数
  3. 症例区分別
  4. 来院経路別
  5. 発見経緯別
  6. 部位別