患者さんへ知っていただきたいこと

COVID-19への診療各科の対応

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う各科の診療体制は以下の通りです。
診療科名をクリックすると該当箇所にジャンプします。

小児科

小児科では、新型コロナウイルスによる院内感染により医療者と入院中の重症患者さんの感染を防ぐため、下記のお願いをさせていただきます。少なくとも、緊急事態宣言が解除されるまでは継続し、感染拡大状況により延長する場合もあります。

  1. 新患紹介は予め外来にご連絡ください。
  2. 体調不良で受診される患者さんで、ご家族(同居者)、園、学校、職場での新型コロナウイルス感染状況及び濃厚接触者であるかどうか予め受診前にご連絡ください。(救急搬送の場合も含め)
  3. 既に予約外来、予約入院の患者さん及びご家族で、新型コロナウイルスの濃厚接触者になった場合は受診の延期にご協力ください。
  4. コロナウイルス検査をご希望の方は、他にかかりつけをお持ちの患者さんは、まずかかりつけで行ってください。
  5. 新型コロナウイルス感染症に伴う電話再診について、厚生労働省通知「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて」にもどづき、当科では「慢性疾患を有する予約のある患者」で、電話での再診と処方に危険性がないと担当医師が判断した場合に限り、電話による再診と処方箋発行を受け付けますので、ご希望の方は小児科外来にお申し出ください。

不明な点がある場合は、お電話でお問い合わせください。混乱を避け、感染予防のため、連絡ない状況での受診はご遠慮ください。

皮膚科

新型コロナウイルス感染対策として、皮膚科では3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避けるため、下記の対策をしています。

  1. 常に換気をしています。
  2. 適切な距離を取って診察します。椅子の位置を動かさないでください。
  3. マスクやハンカチを着用してください。
  4. 診察室でもマスクはしたままで構いません。外すのが必要なときは医師が指示をします。
  5. 診察室に入室するのは患者さん一人でお願いします。(介助が必要な方はこの限りではありません。)
  6. 待ち時間、通院回数を減らすため、症状が安定している方については普段より長期の処方をしております。主治医に相談してください。
  7. お薬が必要な患者さんでも症状に変化がなければ、電話診療にて処方できる場合があります。近所のかかりつけの薬局を確認のうえ相談してください。

どうぞ皆さん、ウイルスに感染しないよう気をつけて生活してください。次にお会いする時には普通に診療できるようになっていることを期待して、皆で感染予防に努めましょう。

眼科

福岡県においても新型コロナウイルス感染症に感染した患者が急速に増加しており、緊急事態宣言が発令されました。福岡大学病院眼科においても緊急性の低い手術などは延期の方針となりました。
そのため、眼科の新患患者に関して緊急性の低い疾患に関しては緊急事態宣言期間終了後にご紹介いただければ幸いです。急患性の高い疾患については今まで通り受診を受け付けます。角膜移植に関しましてはアイバンクからの角膜提供のこともあり、従来通り受け付けます。

当科では感染被害拡大防止と患者さん、医局員の安全確保に邁進していく次第であります。
近隣の先生方におかれましてもご自愛くださいますようお願いいたします。
関係者の皆様におかれましては何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

耳鼻咽喉科

COVID-19に対しては現時点で以下のような方針です。

  1. 外来診療、病棟診療とも制限は設けておりません。福岡大学病院の感染対策を遵守し診療しております。
  2. COVID-19の感染拡大あるいは感染拡大が懸念される場合、福岡大学病院または耳鼻咽喉科の判断により、適宜診療制限を設けさせていただきます。
  3. 既に受診予約、あるいは手術予約をされている場合でも、COVID-19の感染動向により、適宜延期もしくは中止を要請させていただきます。

歯科口腔外科

新型コロナウイルス感染症に対する予防対策として、下記のような診療制限を行います。

急性症状のある口腔内感染症・外傷・悪性腫瘍の患者さん

これまでどおりの処置を行います。

上記以外の急な処置を要さない患者さん
外来診療
  • 初診対応は行いますが、応急処置のみとします。
  • エアロゾル発生を伴う口腔内処置は当面延期します。
  • (外来での)手術は当面延期します。
入院診療
  • 待機手術(軟組織良性腫瘍、顎変形症、額骨良性腫瘍、症状のない智歯抜歯など)は当面延期します。

リハビリテーション部

  • 診断や診療に必要な評価を行う場合を除き、外来リハビリテーション(HAL使用した歩行訓練等)については、中断しています。流行が収まり、安全性が確認できましたら再開します。
  • 入院中の感染疑い、感染している患者さんへのリハビリ介入については原則控えています。隔離解除後に、必要に応じてリハビリテーションの介入を検討させていただきます。
  • 上記以外の入院中の患者さんにつきましては、できる限り今までと同様リハビリテーションの介入を行います。